yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

ハケンアニメ! (マガジンハウス文庫) / 辻村 深月

それこそアニメになりそうな濃いめのキャラクターや連作それぞれと全体での綺麗な起承転結で、サクッと楽しめた。仕事小説的にみんな頑張っていて素晴らしいという姿を見せられたり、登場人物同士の相関関係が物語としてまとめる為だけに整えられていたりす…

殺人出産 (講談社文庫) / 村田 沙耶香

『世の中』で自明のこととして幅を利かせる男女間のモラルや性の常識、さらには生死に関わる価値観までを、特に抑圧を受け続けてきた女性の側から揺さぶりをかける部分がかなりストレートで、SF小説として読んでいると少しゲンナリとなりつつも、そこが道徳…

鳥―デュ・モーリア傑作集 (創元推理文庫) / ダフネ・デュ・モーリア著、務台夏子訳

拡張高さとダークな雰囲気が味わい深く、映像でしか出せないショック表現を駆使したヒッチコックの映画版とは全く異なる印象の表題作『鳥』を始め、SF的展開が楽しめる『モンテ・ヴェリテ』『裂けた時間』、幻想的な『恋人』『番』『林檎の木』、ミステリー…

GODZILLA 決戦機動増殖都市 (2018・日)

地球奪還のためゴジラを倒したハルオ(宮野真守)、ユウコ(花澤香菜)ら人類とメトフィエス(櫻井孝宏)、ガルグ(諏訪部順一)ら異星人による地球連合の志願者たちだったが、超巨大ゴジラの出現により敗退を余儀なくされる。しかし負傷したハルオたちはマ…

悪女/AKUJO(2017・韓)

幼い頃父親を殺されたスクヒ(キム・オクビン)は犯罪組織の幹部ジュンサン(シン・ハギュン)に拾われ、殺し屋として成長する。いつしか育ての親ジュンサンに恋心を抱いたスクヒは彼と結婚するが、その矢先ジュンサンは敵対組織に殺害され、スクヒは逆上し…

劇場版 マジンガーZ INFINITY (2018年・日)

スーパーロボット、マジンガーZとともに悪の科学者Dr.ヘル(石塚運昇)率いる地下帝国から兜甲児(森久保祥太郎)が人類を救って10年、富士山の地中深くから謎の巨大遺跡インフィニティと美少女の姿をした謎の生命体リサ(上坂すみれ)が現れる。時を同じく…

15時17分、パリ行き (2018年・米)

2015年8月21日、アムステルダムからパリへ向かう高速列車タリスでイスラム過激派の男が銃による無差別テロを計画するが、その列車に乗り合わせていた休暇旅行中の3人のアメリカの若者たち、スペンサー(スペンサー・ストーン)、アレク(アレク・スカラトス…

Courtney Barnett / Tell Me How You Really Feel

声質とギターだけで相変わらずカッコいい上に、かつてのUSオルタナの軽やかな部分だけ注入したようなサウンドとメロディにグサリ。ブリーダーズみたいな曲にはディール姉妹参加してるし。 Courtney Barnett - City Looks Pretty - YouTube 発売日 2018/5/1…

Arctic Monkeys / Tranquility Base Hotel & Casino

期待してなかったら良かった。地味渋路線継続中だけどアレンジと楽曲に見合った演奏で全然退屈しない。ファースト以来にやりたいこととやっていることが合致しているような作品で、久々に好きな作品だった。 Arctic Monkeys - Four Out Of Five (Official Vi…

Ash / Islands

以前ようなど名曲こそないけどイイ曲揃いだった。相変わらずティム・ウィーラーのメロディセンスは最高だし、ジャケ写のマークやリックの姿もバカっぽくて嬉しい。オリジナル版の最終曲の『INCOMING WAVES』はweezerの『only in dreams』っぽくて、ティムと…

Geowulf / Great Big Blue

フィル・スペクター要素強めでシューゲイザーっぽいドリーミーなサウンドを奏でるバンドってどれも好きだけどシャッフルで流してたらバンド名全然思い出せないぐらい似てる印象ではある。で、このGeowulfもそんな感じではあったけどやっぱりこの手のバンドは…

The Lemon Twigs / Do Hollywood +6

傑作ファーストにEP『Brothers of Destruction』を全曲ボーナストラックで収録してくれた豪華版。初作からこのクオリティを続けてこの先どう進化させていくんだろうと勝手に心配してしまうレベル。しかしこういう形でフィジカルを出してくれるのはストリーミ…

Superorganism / Superorganism

ごった煮的に色々な音色が詰め込まれた面白さと、それらが普遍的なポップソングに昇華されている聴き易さ。凄く楽しかった。 Superorganism - Everybody Wants To Be Famous (Official Video) - YouTube Superorganism - Night Time (Official Video) - YouT…

Bekon / Get With The Times

とてつもなく荘厳なナンバーとびっくりするぐらいゴージャスなプロダクションで鷲掴みにされるもマカロニサントラ風の楽曲ではシブさのあまり演歌みたいに聴こえる瞬間もあって、これはカッコイイのだろうかとクラクラさせららた。面白いし、なんだか凄いと…

fhána / World Atlas

相変わらずプロフェッショナルな仕上がりのハイクオリティな楽曲が並んでいて、そこに深夜アニメで聴き馴染みのあるメロディーが入ってくるのでテンション上がります…。 fhána / 青空のラプソディ - MUSIC VIDEO - YouTube fhána / ムーンリバー - MUSIC VID…

Car Seat Headrest / Twin Fantasy + Twin Fantasy (Mirror To Mirror)

過去の自主制作盤と再録音盤の二枚組。インディーの魅力溢れる旧盤と現在のバンドの完成度の高さで聴かせてくれる新録、どちらも甲乙付け難いぐらいの良さ。ウィル・トレドのセンスの良さ… Car Seat Headrest - "Nervous Young Inhumans" - YouTube 発売日 2…

藤澤慶昌 / TVアニメ「宝石の国」 オリジナルサウンドトラック

アニメ本編のクオリティに相応しい荘厳さと美しさで、本編の世界観を構成する大きな要素になっていることは分かっていたが、音楽だけ抜き出しても単体作品として聴き応えがあり、特にアルバムラストの『宝石の国』の盛り上がりは最高だった。 TVアニメ『宝石…

Teenage Fanclub & Jad Fair / Words Of Wisdom And Hope

ずっと気になってたTeenage Fanclub とJad Fair のコラボ盤。投売りされてたから買ってみた。これは、なんかまあ、TFCとハーフジャパニーズだな~というそのまんまのアルバムだった。 Teenage Fanclub - Jad Fair - Power of Your Tenderness - YouTube 発売…

ギリシャラブ / (冬の)路上

この人たちのメロディーはやっぱり凄くキャッチーで、売れそうな感じだなーと思った。ただ前作『イッツ・オンリー・ア・ジョーク』が長編として物凄く充実した内容だったので、もっと長い物語を見せて欲しいという気分はあります。 ギリシャラブ「からだだけ…

イヤホンズ / Some Dreams

いかにもオタクっぽいコンセプトアルバムで、1人でこっそり聴きたい感じだが凄い良かった。JAシーザー楽曲も最高だったし、脈絡無くバラエティに富んだ曲が続いた先にROLLYの超グラマラスなギターで締められるとなんだか凄く濃密なコンセプトアルバムを聴い…

Belle And Sebastian / How To Solve Our Human Problems

これまでの総まとめみたいなアルバムで、懐かしい初期ベルセバ節にノスタル爺をやられる部分もあったけど、総集編的ボリュームのわりに一曲ごとの濃度が薄くてちょっと残念ではあった。 Belle and Sebastian - We Were Beautiful - YouTube 発売日 2018/2/…

The Go! Team / SEMICIRCLE

スルーしていた前作は以前と印象が変わったような評判が聴こえていたけど今回のアルバムは初期と全く変わらん感じで、つまり凄く楽しかった。朝の通勤で聴くと無理矢理アッパーな気分になれる即効性の高さも健在。 The Go! Team - Semicircle Song - YouTube…

花澤香菜 / 春に愛されるひとに わたしはなりたい

サビで盛り上げる系の曲は他に任せてこれまでの少しマニアックでモッドな路線を続けて欲しいなーとちょっと微妙な気分になる新曲だった。北川さんが花澤組じゃなくなった訳じゃないんよね⁉︎ 花澤香菜 『春に愛されるひとに わたしはなりたい』(Short Ver.) -…

Franz Ferdinand / Always Ascending

曲調からアレンジまで色々と新機軸をやろうとしていて、それが凄い生真面目なのでネタでやってる感じが無くなった気もするけど結局印象としては変わらない安心で安定の英国ポップスで良かった。 Franz Ferdinand - Always Ascending (Official Video) - YouT…

Yo La Tengo / There's a Riot Going On

個人的に一番好きなアルバム『Summer Sun』の楽曲っぽいナンバーあったりして一瞬おぉ!となったが、やっぱり近作の地味アルバムの系譜ではあった。音像の美しさ、何度も聴いて味わい深まるスルメ的魅力で、やっぱりヨラ大好きだな~っては思えたけど。 Yo L…

浅井健一& THE INTERCHANGE KILLS / Sugar

思いついたままを提示しているような最近の作風に比べると歌詞もアレンジも一段練られたような丁寧さのある歌詞とアレンジで、それを疾走感のあるバンドサウンドで聴かせてくれて凄く良かった。 浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS 『Ginger Shaker』MUSIC V…

MGMT /Little Dark Age

めちゃくちゃポップで、アイデアに溢れていて、予想以上にサイコーだった。タイトル通りに現実のダークさを織り込みつつもそれ以上に現実から遥かに逃避させてくれる夢見心地のサウンドがたまらなかった。 MGMT - Me and Michael - YouTube MGMT - When You …

FRANKIE COSMOS / VESSEL

まったく歪さを感じられないところが物足りない気もするけど、そこが良さでもあるし、前作を凌駕するメロディーメイカーとしての才気に溢れたメロディーとそれを過剰にならないアレンジで奏でる趣味の良さでに愛聴盤になりました。 Frankie Cosmos - Jesse […

映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me (2018・日)

高校3年生になった元中二病の富樫勇太(福山潤)と現役中二病の小鳥遊六花(内田真礼)は、恋人同士にはなったものの相変わらず次のステップに進まないままの共同生活を続けていた。そのなある日、イタリアで仕事をしていた六花の姉・十花(仙台エリ)が家族…

Mount Eerie / Now Only

前作に引き続き感情の赴くままに作られたようなリアルさを持ったドキュメントでありつつ客観的音楽的に仕上げる巧妙さを併せ持った(スリリングで面白い)私小説のような作品で、時間経過の為か前作よりも少しばかり上向きなメロディーが立ち現れる辺りも悲…