読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

狙撃者(1971)

飲酒運転で事故死した兄の死に疑念を抱いたロンドンのギャング、ジャック・カーター(マイケル・ケイン)は故郷ニューカッスルへ戻り、姪のドリーンや兄の愛人マーガレット、昔馴染みのエリック(イアン・ヘンドリー)らを訪ね、兄の死に地元のギャング・キ…

ゴジラ2000 ミレニアム (1999)

ゴジラの痕跡を捜索していたゴジラ予知ネットワークの篠田雄二(村田雄浩)と娘のイオ(鈴木麻由)、それに同行する記者・一ノ瀬由紀(西田尚美)は根室でゴジラと遭遇する(ちなみにこの物語世界ではゴジラは時折出現する謎の天災というぐらいの扱いだ)。…

ゴジラ (1984)

伊豆諸島の大黒島近海で消息を絶った漁船「第五八幡丸」を新聞記者・牧吾郎(田中健)が発見。突如現れた巨大フナムシとの格闘を経て生存者・奥村宏(宅麻伸)を救助する。奥村は見舞いに来た大学の恩師林田教授(夏木陽介)に船が巨大生物に襲われた事を語…

天国にいちばん近い島(1984)

内気で消極的な少女・桂木万里(原田知世)が、亡くなった父(高橋幸宏)が幼少の頃に「天国にいちばん近い島」だという話をしてくれたニューカレドニアを訪れ、偽ガイド深谷(峰岸徹)や日系の青年タロウ(高柳良一)と出会い、成長する姿を描いた青春映画…

鎧武/ガイム外伝 仮面ライダー斬月/仮面ライダーバロン (2015)

『仮面ライダー鎧武』スピンオフのVシネ。監督金田治。『仮面ライダー斬月』は鋼屋ジン、『仮面ライダーバロン』は毛利亘宏と、ちゃんとシリーズやってた人が脚本を担当。 『〜斬月』は呉島貴虎(久保田悠来)を主人公にして呉島家の闇を描くというストーリ…

ゴジラ対メガロ (1973)

核実験によって安寧を奪われた古代地底人、シートピア人が人間に復讐を決意。怪獣メガロを使って人類に攻撃開始、科学者伊吹(佐々木勝彦)の開発した人型ロボット、ジェットジャガーも強奪して地球侵略に協力させ、更には宇宙怪獣ガイガンも招集する。伊吹…

恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ

フランク(ボー・ブリッジス)とジャック(ジェフ・ブリッジス)のベイカー兄弟はジャズピアノデュオ〈ザ・ファビュラス・ベイカー・ボーイズ〉で十数年、ラウンジを中心に演奏活動を続けていたが、活動のマンネリ化に伴い実入りも減少しつつあった。フラン…

仮面ライダー4号(2015)

1話は今春公開された仮面ライダードライブの劇場版『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』の来場者プレゼントとしてDVDで配布、残りの2話、3話はdocomoの動画サイトdビデオで配信(有料)という変則的なリリースの本作。しかしストーリー的には劇場…

ダンサー・イン・ザ・ダーク

アメリカの田舎町で息子とともに暮らすチェコ移民のセルマ(ビョーク)は、時が経てば視力を失うという息子の遺伝性の病を治す手術代を稼ぐために働き続けていた。しかしセルマ自身も病が進行していて、それと同時に大好きなミュージカルを妄想するという性…

グランドピアノ 狙われた黒鍵

過去の失敗からステージ恐怖症に陥り、演奏をやめていた天才ピアニストのトム(イライジャ・ウッド)。しかし妻(ケリー・ビシェ)の頼みもあり、5年ぶりに演奏会へ出演することに。しかし演奏会当日、用意された譜面には「一音でも間違えたら、お前を殺す…

ブルージャスミン

ニューヨークの資産家ハル(アレック・ボールドウィン)と結婚し、上流階級のセレブとして裕福な生活を送っていたジャスミン(ケイト・ブランシェット)はハルの詐欺容疑での逮捕により資産没収、転落人生を送ることに。セレブ的な振る舞いが抜けず現実との…

ウォールフラワー

疎外された中学生活を送った文学少年チャーリー(ローガン・ラーマン)は高校へ入学しても誰からも相手にされない「壁の花」として日々を過ごしていたが、パトリック(エズラ・ミラー)とサム(エマ・ワトソン)の兄妹を中心とした、はぐれ者だが陽気な集団…

ラッシュ/プライドと友情

理論型でイヤミなニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)と享楽的なライフスタイルを送るプレイボーイ、ジェームズ・ハント(クリス・ヘムズワース)という真逆な性格の天才ドライバー2人の戦いと友情を、76年のF1シリーズを舞台に描くロン・ハワード監督作…

LEGOムービー

物語の舞台はLEGOブロックの世界。毎日をマニュアルのルーティーン通りに送るLEGOフィギュアの一体が、ひょんなことから選ばれし者に認定され、LEGO世界を支配するおしごと大王討伐の戦いに巻き込まれていくというストーリー。 けっこう評判が良かったし、…

ブロークンシティ

無抵抗の黒人青年を射殺した容疑で告訴されたNY市警のビリー・タガート刑事(マーク・ウォルバーグ)は、裁判で無罪を勝ち取るが、NY市長ホステラー(ラッセル・クロウ)の政治的判断により辞職を余儀なくされる。数年後、私立探偵となったビリーはホステラ…

ブリングリング

実際のハリウッドセレブ邸専門の子供窃盗団事件を題材にしたソフィア・コッポラの作品。 それなりのボンボンだが寂しい男子マーク(イズラエル・ブルサール)は転校先の学校で出会った魅力的な女子レベッカ(ケイティ・チャン)に惹かれ、彼女の誘いのまま…

抱きしめたい 真実の物語

事故で身体と記憶に障害を持った女性、つかさ(北川景子)と、タクシー運転手の雅己(錦戸亮)の出会いと死別までの物語。 予告で感じた難病物みたいな方向性は皆無。最近の恋愛映画の岩井俊二劣化版みたいなソフトな映像を予測していたら、冒頭からドキュ…

ヌイグルマーZ

ゴスロリ趣味のダメ子(中川翔子)は綿状の宇宙生命体と融合したテディベア、ブースケ(阿部サダヲ)との合体によってヌイグルマー(武田梨奈)に変身。姪の響子(市道真央)を守る為に、同じく宇宙生命体+テディベアのチャーリー(山寺宏一)と合体したタ…

俺たちスーパー・ポリティシャン めざせ下院議員!

ブッシュを模したようなおバカキャラのウィル・フェレルと、生真面目だけが取り柄のザック・ガリフィアナキスが米国下院の議席を巡ってハチャメチャな選挙戦を繰り広げるというストーリー。 ウィル・フェレルが徹頭徹尾バカキャラなので、ひたすら顔芸を堪…

魔法少女を忘れない

主人公の男子高校生に突然義理の妹が出来る。その妹は元『魔法少女』だった。少女は魔法少女ではなくなると段々と周囲の記憶から消え、忘れ去らていくという。主人公は血が繋がっている訳でもなく、可愛いというので当然に妹に恋をして、そこに幼馴染の女子…

ガス人間第一号

『本多猪四郎 無冠の巨匠』を読んでの鑑賞というのもあり、犯罪者と孤高の舞踏家元というアウトサイダーと、刑事・記者の社会正義サイド、更には銀行員たち市井の人々まで、全てが断罪ではなく愛情を持った視点で描かれていることが明確に感じられて、メロ…

桃木屋旅館騒動記

何てことのない展開なのにキャラクターが全員躍動感に溢れていて、全篇に漂うピースフルなムードが楽しく、萎びた旅館という舞台設定もあってちょっと懐かしい喜劇を見ているようだった。柳下さんが褒めてたから見てみたが、城定夫作品面白いなー。桃木屋旅…

わるいおんな

中年親父(豪農)が嫁にした若い風俗嬢が旦那を裏切る展開だが、夫婦ともにバイタリティー溢れる描写で面白い。体裁としては実録悪女犯罪物のエロ映画だが、悪女が一面的な悪者でなく、男に屈しない強さと生きるエネルギーそのものの魅力を湛えていたのが良…

青の祓魔師 劇場版

予備知識なしで観たらシリーズ物の映画化みたいで、 設定やファン向けのキャラ顔出しサービスに置いてけぼり喰らい、主役が一人で火を付けて消化する脚本に呆然となる。しかし背景美術が凄かったのでそこは結構気持ち良かった。「青の祓魔師」劇場版 予告編…

ディクテーター 身元不明でニューヨーク

ギャグと物語を両立させるのは難しいというのを感じる作品。途中変に真面目になったりするのは言い訳に見えるし、差別ネタも虚構作品だと作り手が安全圏にいるようで嫌味の方が強い。生首ギャグは良かった。映画『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』…

バンク・ジョブ

BSでやってて、T.Rexのオープニングに釣られて観たら面白かった。前半の穴掘り銀行強盗話も素人軍団というのがスリリングだし、後半の追い詰めらるサスペンスも楽しいと思ってたら『世界最速のインディアン』の監督だった。ジェイソン・ステイサムが強過ぎ…

その後の仁義なき戦い

本シリーズと真逆の青春映画で、工藤栄一作品として面白かった。しかし金子信雄が出てくると急に本シリーズの香りがしたり、ショーケンが場をさらったり根津甚八がトラヴィス化したり、かなり味のある凸凹感。 しかし時代は変わっても松方弘樹はやっぱり蜂…

新仁義なき戦い 組長最後の日

文太さんがよく分からん人だったのが松原智恵子投入で狂気キャラ立ち。更にオカマの殺し屋、韓国籍の殺し屋、聾唖の任侠者等皆いい味。因果応報がちゃんと描かれたのも新鮮で、シリーズとは別物として面白かった。新仁義なき戦い 組長最後の日(プレビュー) -…

新仁義なき戦い 組長の首

『新仁義なき〜』一作目で旧シリーズのリメイクしてたから、このシリーズはリブート物かと思いきや全然違った。設定も全て無関係でおまけに実録モードも排除。ややマンネリ感じてたのでこの突き抜けは面白かった。マンネリ打破と言えば初登場の山崎努の最狂…

新仁義なき戦い(1974)

今で言うリブート物みたいなアレなんだけど、出てくる役者が基本的に同じで(トミーはいるが)役名、配役は異なるという作りでクラクラする。キャラ設定も微妙に変わっていて、主役の文太さんが卑劣漢寄りで、結果悪漢小説的要素が増して本シリーズと別の面…

仁義なき戦い 完結篇

史実度高めらしいが主題は前作の終盤を引き延ばした感じで物足りない。大友、早川が千葉真一、室田日出男のままだったらもっと燃えたか。しかし松方弘樹の早すぎる再登場や主要キャラの死に様などシリーズ的な楽しみは満載だった。オリジナルシリーズは広島…

仁義なき戦い 頂上作戦

主役級キャラの(設定上の)高齢化&一応実話ベースで無茶な展開に限度があり抗争激化と裏腹に尻すぼみの状況なのを終わっていく世代や無常を主題に持ってきて四作目独自の味に。何より一年ちょいで壮大なサーガを紡いだ熱量が凄い。仁義なき戦い 頂上作戦(…

苦役列車

画面の作り方や小道具、衣装の作り込み、あっちゃん、青春映画的な場面は素晴らしかったけど、安易な希望が状況の出口として用意されている展開にはしっくり来ず。あと音楽もうるさい。ちょっと原作で色々確認したくはなった。映画『苦役列車』予告編 - You…

仁義なき戦い 代理戦争

前作のドラマ部分が減少して(しかしそこは渡瀬恒彦がいい具合に引き受けてる)実録タッチが盛り返してるが、前二作の積み上げで愛着湧いてるので群像劇として滅法面白い。同じ俳優の容赦ない使い回しも素直に嬉し…。仁義なき戦い 代理戦争(予告編) - YouTu…

仁義なき戦い 広島死闘篇

前作同様に役者の顔だけでお腹一杯。特に千葉真一の評判通りのキレぶりと成田三樹夫の実は仁義に厚いキャラというのが良かった。そして暴力シーン、テンション半端ないが、実録感と物語のバランス絶妙で傑作の評価も納得、面白い。仁義なき戦い 広島死闘篇(…

おおかみこどもの雨と雪

ジブリ路線の後釜とか、押井、庵野の次、みたいなイメージ(勝手なイメージだけど、そんな推し方してる勢力はある感じ)と、前作に乗れんかったというのでかなり斜めから観たら…面白かった。 田舎で濃密な関係を築きながら長男いなくなった件が他の村人たち…

仁義なき戦い

年始の映画はWOWOWで仁義一作目。大昔に観て以来なので細かい部分は忘れまくっていたけど、確実に今観たほうが面白かった。舞台設定が現代から離れすぎて、虚構としてちょうどいい塩梅だ(昔観た時は怖すぎた)。 虚構として楽しめると言っても映画のリアリ…

ビフォア・サンセット

前作の映像で過去の記憶を並行させつつジュリー・デルピーが登場する場面で9年間の空白に対する諸々を一瞬で妄想させる演出に早くも悶絶。前作観たの4日ぐらい前なんだけどね…。リアルタイムで観てたら半端じゃなかったろな。ウィーンに続き今度はパリを美…

恋人までの距離

画面は美しいし車窓のシーンとか良かったけど寝た。やっぱり恋愛映画には耐性がないのかもな…。でも明日BSでやる続編をみるためにがんばった。 しかし変な映画ではあった。背景とジュリー・デルピーのヨーロッパ感とイーサン・ホークの食い合わせの悪さ、劇…

エンド・オブ・ザ・ワールド

エンドロールで涙が出たのはバカラックのメロディにやられたのもあるが、どんなにしょうもない者同士でも他者を理解しようとすることが希望になり得ることをハズし気味の演出ながら実はど真剣に描いていたからかな。好き。映画『エンド・オブ・ザ・ワールド…

鍵泥棒のメソッド

ストーリーを語る為に特化されたキャラ設定が序盤は居心地悪いけど、役者が全開で演じている分ちゃんと映画に入り込めた。多分それを見越した上での設定だろうし、気になった箇所も逐一回収していく語り口は気持ち良かった。『鍵泥棒のメソッド』予告編 - Y…

黒い罠 ディレクターズカット版

中盤ややダレたり、若者の凶悪ぶりがちょっと牧歌的で古さを感じたりするものの、ヴェルズの犯行場面の禍々しさとか流石だし、凄い凄いと言われているオープニングはやり過ぎで笑えるぐらいスゴかった。あとジャネット・リーが綺麗、ディートリッヒの老け顔…

ホーホケキョ となりの山田くん

初見。ていうかWOWOWでやらんかったら観なかった。そして想像通り全然ほのぼのじゃなかった。暴力の予感を感じさせるシーンでの突然のリアルタッチのやり過ぎや、家族像の押し付け、気色悪かった! しかしアニメーションの手法も含めてこれをジブリでやっち…

太陽の王子 ホルスの大冒険

大塚康生作監で宮崎駿も参加、しかしここぞという場面で止め絵になるのは時代からして仕方ないのか。しかし巨人バトルとかは流石のスケール感だし、とにかくヒルダの歌を今改めて聴くと無茶苦茶良かった。アシッドフォーク⁈太陽の王子 ホルスの大冒険 予告…

チャールズ・スワン三世の頭ン中

根本的なテイストは『CQ』とおんなじ気もするが、チャーリー・シーンのパプリックイメージ込みの主人公の造形は全く興味無いから乗れないし、カルトへの愛をさらけ出してた『CQ』と違ってカルトにしてやろうという下心が痛々しい…。ビル・マーレイってそう…

カティンの森

事件の執拗な再現をクライマックスに持ってくる構成で、サスペンス要素や群像劇が全てブっ飛び(というより吸収され)、恐怖と禍々しさが焼き付き狙い通り嫌な気分にさせられる。老いてなおここまで重く尖った作品を作るワイダは凄か…。映画「カティンの森…

オレンジと太陽

英豪児童移民の話自体を知らなかったし、多分そういう人も多いだろうから、その史実物というだけで価値がある。しかも控えめな描写でエモーショナルに見せてくれる演出は飽きずに観られた。それだけに史実だからカタルシスないのはストレスにも感じたが。し…

ふがいない僕は空を見た

田畑智子のコスプレが似合いすぎて可愛いかった…。それが逆に彼女が演じる役柄の可哀想な面ばかりに目が行って、気持ち悪さを感じにくく、人物を多面的に描こうとする映画の趣旨から離れてしまっている感もあるけど…可愛いからいいじゃないか、という結論。…

ダーケストアワー 消滅

安〜いSFでしょうもないのは間違いないんだけど、ちびっ子が夢想したような無邪気な展開やガジェット、それに基本善人しか出て来ないポジティヴさがキラキラしていて憎めない。あとロシア少女のキャラがマンガ的で萌えた。映画『ダーケストアワー 消滅』予…

ベルセルク 黄金時代篇III 降臨

単体の映画としてはおかしなバランスではあるけど、色んな意味で原作をここまでアニメ化した点で充分満足。エンドロール後の蛇足は大人の事情に対する苦肉の策?であんまりだったがお金かかってるそうだから仕方ないか。映画『ベルセルク 黄金時代篇III 降…