読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

ドレスコーズ / 平凡

個性的な面子を外部から集めてビジュアルも音楽性もガラリと更新、音楽性というより方法論がBowie的でホントにBowieが好きなんだろうなという感じ。そして方向的にはドレスコーズ版ヤング・アメリカンズといったところ。ギター・ハヤシ(POLYSICS)、ベース…

Awesome City Club / Awesome City Tracks 4

黒さとJ-POP感が絶妙なバランス。M1での丁度いい下世話さがいいなー、と思ったらいしわたり淳治プロデュース、M6で間奏気持ちいい、というよりGREAT3みたいだと思ったらカーリー・ジラフのプロデュースと、いちいち人選も納得。 Awesome City Club – 青春の…

坂田学 / 木の奥

どこか懐かしも感じさせる普遍的で美しいメロディーと緻密なアレンジの楽曲を本業がドラマーだとは思えない美声で彩るゴージャスかつ親密な独特のチェンバーポップ。最高だった。 Ki-No-Oku Manabu Sakata Trailer Long ver. (not final mix, not mastered) …

Spoon / Hot Thoughts

個人的には非の打ち所が無かデス。とにかくモダンなのに今時のメロウなムードに逃げないサウンドと乾いた響きのドラムが全編カッコ良すぎる。「渋谷トゥナイト!」とか歌って思わず鈴木雅之か!とツッコミ入れたくなるような歌詞も含めて大好きです。 Spoon …

接近!ufoズ / 水の発見

一聴すると普通に趣味の良さそうなインディバンドだけどフレーズの詰め込まれたギターが妙に歪で気持ち良くなってくる。良かった。 接近!UFOズ - とんぼ返り - YouTube 発売日 2017/2/22 収録楽曲1. トンビ、回る 2. まるい水槽 3. 雲の通り道 4. とんぼ…

浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS / METEO

シングル良かったのでこれは…とかなり期待が膨らんでいたけど、アルバムはわりといつもの感じ。ギターかっこいい。緩やかな曲では叙情的なメロディーを聴かせてくれるが、ハードな曲になるとメロディーが鼻歌みたいで、アクロバティックなギターをかき鳴らし…

The Regrettes / Feel Your Feelings Fool

パンクからUSオルタナ、ブリットポップまで、あらゆるギターロックからポップで明るい要素だけを集めて更には50's/60'sテイストも混ぜ合わせたような楽曲が並んでいて、節操も新鮮味も無いけどひたすらアッパーで景気付けには良かった。でも個人的にはボーカ…

Man Made / TV Broke My Brain

凄くフツーにいかにもひと昔前のUKなバンド。中心メンバーがジョニー・マーの息子という情報が無かったら聴くことなかったかも、とは思うけど、そのフツーさが逆にけっこう新鮮で、曲も良いので結局わりと聴いてる。ちなみに4曲目の出だし以外はスミスっぽ…

Dirty Projectors / Dirty Projectors

前作好きだったし評判も良いしで期待値上げ過ぎて聴き始めたら、いきなりアントニー&ザ・ジョンソンズみたいな曲で始まって、何だこれはと思っているとイマドキのR&B調に裏声とヴォコーダーで延々と終わった恋に関する失意を歌い上げ続けて、最後はそこから…

Neon Bunny / STAY GOLD

聴き始めはエレポップやめてR&Bになっちゃたのかとガッカリ気味だったけど、聴き進めていくと段々と軽やかな電子音で遊んでる感じを端々に発見出来て、魅力のポップなメロディーも抑制しつつもちゃんと健在で、結局沁みるし楽しい傑作という結論。 Neon Bunn…

花澤香菜 / Opportunity

最高です。既出シングルの3曲はどれも良かったものの、北川勝利、山崎ゆかり、秦基博それぞれの個性が色濃く出た楽曲だったので、これらがひとつのアルバムに入ってくるイメージは浮かびにくかったけど、結果としてそれらも溶け込んでトータルとしての完成…

POLYSICS / Replay!

ベスト盤、しかも再録によるものなど普通のバンドだったら全く興味か湧かないアイテムだが、ポリは例外だった。オリジナル収録時とバンドのラインナップが変わってたりすることもあるが、全ての曲が怒涛のライブの積み重ねによってビルドアップされ続けてい…

oneone / Alapla

テニスコーツさやとディアフーフさとみによるユニットの2作目。そのうちゆっくり聴こうと思っていたらまたまたテニスコーツの新譜が出てしまうのでちゃんと聴いてみた。一聴ゆるそうでいて実は尖っている両本体と違ってほんとにゆるいが、本体の要素が出てく…

花澤香菜 / ざらざら

作曲の秦基博は「ドラえもん」と「言の葉の庭」の曲ぐらいしか知らなかったんだけど、素直にいい曲だなーと思った。花澤さんの歌詞もまた良かったし、相変わらずカップリング含めてハズレ曲が無く、チーム花澤のセンス最強だな〜とまたもや思い知らされたよ…

CRYSTAL CASTLES / AMNESTY(Ⅰ)

ボーカルの人変わってるけど、前の人よりキャラが薄くてグイグイ前に出てこない感じがゴシックな世界観に合ってる気がする。ジャケットも良かったし、暗黒パフュームみたいで好きだ。 Crystal Castles - Concrete - YouTube

青葉市子 / マホロボシヤ

今作もほとんどギターと声だけだが、今までにも増して深みのある音像が拡がっていて、とにかく圧巻。随所に青葉市子節のメロディが溢れていて、インスト曲も含めたアルバムのトータルな完成度も過去最高(な気がする)。 青葉市子 - ゆさぎ マホロボシヤ MUS…

MUCH TOO ROMANTIC!~The Collectors 30th Anniversary CD/DVD Collection

売りに出したCDの査定も出てないのに買ってしまった。各作品を集めてボックスにしたというよりは独立した別個の作品としてデザインされていて、全アルバムの代替品としては考えないほうがいいかもだが、初期2作のリマスターやDVDも感涙もので値段分以上に満…

PIXIES / HEAD CARRIER

曲によってはフランク・ブラックのソロみたいな楽曲もあって、それでもちゃんとこのバンドでやるとピクシーズになってた。ピクシーズらしくという縛りから解放されたようなアルバムで、過去作と比較するようなものでなく、新たなバンドとして聴ける作品なの…

yumbo / 鬼火

LAKEも参加してよりポップに開かれた冒頭の『悪魔の歌』から最高で(私的で生々しいソロアルバムのバージョンも良かったんだけど)、全体としても凄く親密でパーソナルな肌触りなのに普遍的。かえるさんのスキャットなどゲストの鳴らす音も作品に絶妙なスパ…

浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS / Messenger Boy

ベンジーがまさかの中尾憲太郎とバンドなんて!とは言え曲はいつもの感じ。しかし軽快で変態なギタープレイがいつに無く全曲で炸裂していて良かった。 浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS "Messenger Boy" (Official Music Video) - YouTube

BABAGANOUJ / PILLAR OF LIGHT

ジャケ買い。期待したのはスミス直系のギターポップ、但し女性ボーカルに限る、というところで、アルバム冒頭からイメージ通りの軽やかなイイ曲が続いて、毒気は無いけどけっこういいかも…、と思いきや段々とカッコつけた唄い方の男ボーカルが幅を利かせてガ…

Bon Iver / 22, A Million

歌詞もサウンドも何度聴いても摑みどころが無いのに繰り返し聴いてしまう。テニスコーツみたいな音をエレクトロニックも使って超ゴージャスに演ってるみたいにも思える。これ以上深化すると凄いけど聴かないパターンになりそうではあるギリギリな傑作。 Bon …

KANAight 花澤香菜キャラソン ハイパークロニクルミックス

メインのリミックス版の方は、sweets parade -lyrical Remix- などの緩い作りが花澤さんの声には合っているな〜などと思ったりしながら普通に楽しんだが、個人的にツボだったのはDisk2のノンストップミックスで、過剰な情報量詰め込みつつ、ちゃんと通しで聴…

Car Seat Headrest / Teens Of Denial

なんかもう痒いところ全部網羅するUSインディのいいとこ取りみたいなアルバムでたまらん。ベックがグランジ演ってるような声も良いし、熱量高いのにペイヴメントみたいな脱臼感すら持ち合わせて頭良さそうだがイヤミも感じない。カッコ良かった。 Car Seat H…

TYONDAI BRAXTON / Oranged Out E.P.

前作のごった煮感が更に情報量増で凄いことになってたがクラシカルなメロディすら織り込んだ流麗さもあって聴きやすいし美しいし、面白い擬音連発みたいな音聴いてるだけでも楽しい。密度が濃いのでepという尺も個人的にちょうどいい感じだった。 Oranged Ou…

川本真琴withゴロニャンず / 川本真琴withゴロニャンず

前の7インチも良かったし、三沢洋紀、植野隆司、池上加奈恵、澤部渡という面子で悪い訳無いとは思ってたけど、ソロの時の暗さ皆無の楽しいムードが良かった! 川本真琴 with ゴロニャンず/プールサイド物語 - YouTube

BADBADNOTGOOD / IV

ちょっとダークな雰囲気が良かったのにジャケ見て何だコレはと思ったが、前作のB級ホラーのサントラ風味からブラウン管で見てた色褪せたカラー映画のメロドラマのサントラみたいになっていて、ノスタルジックな夏のアルバムという感じもあってダサカッコ良か…

NOT WONK / This Ordinary

USオルタナに呼応した時代のエモいバンドみたいで懐かしい感じがしたし、カッコ良かったが、通して聴くと疲れた…。 NOT WONK - This Ordinary - YouTube

坂本慎太郎 / できれば愛を

音は前作を踏襲した感じだが、ボーカルの表情はより多彩になっていて、現在の社会状況に呼応したような歌詞とともに更に深化した雰囲気のアルバムで良かった。 できれば愛を (Live In-Studio Performance, 7/12/2016) / 坂本慎太郎 (zelone records official…

井口裕香 / az you like...

前作よりも曲のクオリティが上がっているし、それぞれのテイストに合わせた歌唱も流石で、ポップアルバムとして凄く良かった。 井口裕香_2nd Album「az you like...」全曲試聴 - YouTube

wedance / produced unfixed vol.3

プリミティヴなロックバンドとしてカッコいいのとポリのようなテクのあるNW風味やCSSっぽさもあって楽しい。ハングルで唄うニューオーダーみたいな曲も新鮮。バンド名から連想させられるペイヴメント的な脱臼感覚も有って…って例えばっかりだけど。 Wedance …

tenniscoats / Music Exists disc3

同じくTAPEと演った『Tan-Tan Therapy』や『Papa’s Ear』のまとまりとしての完成度こそないものの、「違相」など今作も素晴らしい録音が多く、またもや傑作だった。 Tenniscoats - 'Iso Phase' (Live at 3RRR) - YouTube

植野隆司 / Ueno Action

テニスコーツ楽曲の原石みたいな曲もたくさん入っていて、どの曲も最近の本体の完成度の高さとはまた違った楽しい作品。何曲かさやボーカルが入ってて、どれもその瞬間にテニスコーツの曲になるというのも凄いし面白かった。

BOOM BOOM SATELLITES / LAY YOUR HANDS ON ME

4曲入りのミニアルバムだが、求道的姿勢と打ち込み主体のサウンドにロックバンドのナルシズムを導入した唯一無二のバンドとして独自の世界に到達したBBSとしか言いようのない、最終作に相応しい作品だった。ライブも凄かったし、活動終了は本当に寂しいが、…

Radiohead / A Moon Shaped Pool

ストリーミングサービスをとりあえず一切やらんくしたので、やっとCDで聴いた。ロックバンドの頃が今でも1番好きだけど、今聴くならこんなのがいい、というのを今回もやってくれててやっぱり最高だった。逆にベンズみたいなの今出されてもシラけるだろうし。…

MILK'N'COOKIES / MILK'N'COOKIES

70年代のニューヨークのバンドという情報のみでジャケみて女性ボーカルのパンクかと思って買ったらジャケの子はただのモデルで、男闘呼組なパワーポップだった…。しかしなげやりなチープトリックみたいで良かった。デラックス盤で特典ディスクにのみ入ってる…

花澤香菜 / あたらしいうた

何で今さらロックチューンやるのかななどと思いながら聴いたら痒いとこまで手が届くアレンジが最高で詞も泣けた。「満月がぼやける夜 ずっとこんなふうに 世界がみえてたらいいのに」とか、さすが文学少女…。カップリングの2曲はこれまでの作品の美味しい…

相対性理論 / 天声ジングル

相対性理論のアルバムとしては普通に良かった。最近いいなと思う日本の女性ボーカルモノのほとんどが相対性理論の影響を受けてる気がするぐらいフォロワーは溢れて増え続けてるのだけど、流石に本家本元という感じ。気持ちいい。相対性理論『FLASHBACK』 MV…

Frankie Cosmos / Next Thing + Fit Me In

オマケ的に付属してるep(Fit Me In)収録曲のチープなシンセ使いが本編にももっと欲しかったな〜、というのが当初の感想。Frankie Cosmos "Young" Official Single - YouTube しかし聴く度に本編の良さがジワジワ来ちゃった。この感覚、GIRLSのファースト…

weezer / weezer(White Album)

最近の初期weezerをweezerが自分達で参照しているようなアルバムの決定版で5曲目の"do you wanna get high?"とか『ピンカートン』のアウトテイクと言われても納得出来そうなトラック。つまりかなり良い。というか、昔『ピンカートン』に衝撃を受けたものの…

CAMILA MEZA / TRACES

楽曲も歌声も全てがハイレベルで気持ちいい。中でも"Amazon Farewell"の拡がっていく世界観などはたまらない。あと柔らかなタッチで楽曲に寄り添いながら時折変態的なアレンジを聴かせるシャイ・マエストロによるピアノが印象的だった。Camila Meza "Traces…

藤原さくら / good Morning

可愛らしいのにJ-POP風味に日和らないストイックな姿勢と豪華な布陣に引けをとらないパフォーマンス、素晴らしかです。カーリー・ジラフのプロデュースによるJAZZテイストから離れた『これから』のポップな感じも良くて、この系統の楽曲ももっと聴きたいと…

BABYMETAL / METAL RESISTANCE

ネタ度を微減、ガチ度を微増しつつ前作のハイレベルを維持した作りというだけで満足だったがSU-METALの男前度が更に上昇していたりしてマンネリ感も無し。この状態が少しでも長く続い欲しいなー。BABYMETAL - KARATE (OFFICIAL) - YouTubeBABYMETAL - THE O…

須山公美子 / 夢のはじまり

1985年作品の再発盤だが、演奏とその聴こえ方は全く古びておらず、深層から聴こえてくるような音像と声の凄みで不思議さや郷愁に溢れた独自の世界が構築された傑作だった。アートワークも素晴らしい。新しい大陸 - 須山公美子 (1986) - YouTube

POLYSICS / What's This???

久々のフルアルバムやっぱり最狂にして最高だった。聴きたい音に辿り着くまでに余計なドラマに付き合わなくていい、全篇狂った熱量。おまけの100曲ライブも特典の域を越えてた。POLYSICS 『SUN ELECTRIC』 - YouTube

Phew / ニューワールド

今作、全体としてかなりDowserっぽくて(殆ど映画でしか聴いたことないけど…)音楽的に好きな方向というのもあるけど、とにかくカッコいい。アルバムとして浮かび上がる世界がとにかくキレキレで、通して聴けばグッタリと高揚感両方味わえる。で、また聴き…

tenniscoats / Music Exists Disc2

今回のシリーズ2枚目もすごく良かった。『ときのうた』や『ふろ』の新録バージョンも全然違う味わいになっていたし、ほとんど2人だけの演奏の中でゲストの入っている『七本木』も凄い。3枚目も作ってるみたいで凄まじいんだけど、やり切って解散しちゃう…

カネコアヤノ / 恋する惑星

前作がシンプルで少しノスタルジックな歌物アルバムとして好きだったのだけど今作はアルバムとしてはあまり乗れなかった。乗れなかった点としてはメロディは変わらず良いのに「ノルウェイの森」の冒頭だけ使ってレゲエ調に進む曲とかJロック的(?)伴奏など…

DEERHUNTER / FADING FRONTIER

ディアハンターは様々な方向性のアルバムを作ったのち、それらの蓄積をぶち込んだ上でもう一度大傑作Microcastleのようなアルバムを作るのではないかと勝手に想像していたのだけど、思いのほか早くそういう作品を届けてくれた。大好きだった陰鬱さは皆無だ…

数えきれない / 数えきれない

ペイヴメントを上回りかねない脱臼具合。自然にメロディ紡いでいたら変なリズムになってしまったような、わざとらしさのない転調が気持ちいい。山本精一の写真によるアートワークも美しくて楽しい。数えきれない / 壷@UrBANGUILD, 2012.12.31 - YouTube数え…