yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

音楽

The Lemon Twigs / Do Hollywood +6

傑作ファーストにEP『Brothers of Destruction』を全曲ボーナストラックで収録してくれた豪華版。初作からこのクオリティを続けてこの先どう進化させていくんだろうと勝手に心配してしまうレベル。しかしこういう形でフィジカルを出してくれるのはストリーミ…

Superorganism / Superorganism

ごった煮的に色々な音色が詰め込まれた面白さと、それらが普遍的なポップソングに昇華されている聴き易さ。凄く楽しかった。 Superorganism - Everybody Wants To Be Famous (Official Video) - YouTube Superorganism - Night Time (Official Video) - YouT…

Bekon / Get With The Times

とてつもなく荘厳なナンバーとびっくりするぐらいゴージャスなプロダクションで鷲掴みにされるもマカロニサントラ風の楽曲ではシブさのあまり演歌みたいに聴こえる瞬間もあって、これはカッコイイのだろうかとクラクラさせららた。面白いし、なんだか凄いと…

fhána / World Atlas

相変わらずプロフェッショナルな仕上がりのハイクオリティな楽曲が並んでいて、そこに深夜アニメで聴き馴染みのあるメロディーが入ってくるのでテンション上がります…。 fhána / 青空のラプソディ - MUSIC VIDEO - YouTube fhána / ムーンリバー - MUSIC VID…

Car Seat Headrest / Twin Fantasy + Twin Fantasy (Mirror To Mirror)

過去の自主制作盤と再録音盤の二枚組。インディーの魅力溢れる旧盤と現在のバンドの完成度の高さで聴かせてくれる新録、どちらも甲乙付け難いぐらいの良さ。ウィル・トレドのセンスの良さ… Car Seat Headrest - "Nervous Young Inhumans" - YouTube 発売日 2…

藤澤慶昌 / TVアニメ「宝石の国」 オリジナルサウンドトラック

アニメ本編のクオリティに相応しい荘厳さと美しさで、本編の世界観を構成する大きな要素になっていることは分かっていたが、音楽だけ抜き出しても単体作品として聴き応えがあり、特にアルバムラストの『宝石の国』の盛り上がりは最高だった。 TVアニメ『宝石…

Teenage Fanclub & Jad Fair / Words Of Wisdom And Hope

ずっと気になってたTeenage Fanclub とJad Fair のコラボ盤。投売りされてたから買ってみた。これは、なんかまあ、TFCとハーフジャパニーズだな~というそのまんまのアルバムだった。 Teenage Fanclub - Jad Fair - Power of Your Tenderness - YouTube 発売…

ギリシャラブ / (冬の)路上

この人たちのメロディーはやっぱり凄くキャッチーで、売れそうな感じだなーと思った。ただ前作『イッツ・オンリー・ア・ジョーク』が長編として物凄く充実した内容だったので、もっと長い物語を見せて欲しいという気分はあります。 ギリシャラブ「からだだけ…

イヤホンズ / Some Dreams

いかにもオタクっぽいコンセプトアルバムで、1人でこっそり聴きたい感じだが凄い良かった。JAシーザー楽曲も最高だったし、脈絡無くバラエティに富んだ曲が続いた先にROLLYの超グラマラスなギターで締められるとなんだか凄く濃密なコンセプトアルバムを聴い…

Belle And Sebastian / How To Solve Our Human Problems

これまでの総まとめみたいなアルバムで、懐かしい初期ベルセバ節にノスタル爺をやられる部分もあったけど、総集編的ボリュームのわりに一曲ごとの濃度が薄くてちょっと残念ではあった。 Belle and Sebastian - We Were Beautiful - YouTube 発売日 2018/2/…

The Go! Team / SEMICIRCLE

スルーしていた前作は以前と印象が変わったような評判が聴こえていたけど今回のアルバムは初期と全く変わらん感じで、つまり凄く楽しかった。朝の通勤で聴くと無理矢理アッパーな気分になれる即効性の高さも健在。 The Go! Team - Semicircle Song - YouTube…

花澤香菜 / 春に愛されるひとに わたしはなりたい

サビで盛り上げる系の曲は他に任せてこれまでの少しマニアックでモッドな路線を続けて欲しいなーとちょっと微妙な気分になる新曲だった。北川さんが花澤組じゃなくなった訳じゃないんよね⁉︎ 花澤香菜 『春に愛されるひとに わたしはなりたい』(Short Ver.) -…

Franz Ferdinand / Always Ascending

曲調からアレンジまで色々と新機軸をやろうとしていて、それが凄い生真面目なのでネタでやってる感じが無くなった気もするけど結局印象としては変わらない安心で安定の英国ポップスで良かった。 Franz Ferdinand - Always Ascending (Official Video) - YouT…

Yo La Tengo / There's a Riot Going On

個人的に一番好きなアルバム『Summer Sun』の楽曲っぽいナンバーあったりして一瞬おぉ!となったが、やっぱり近作の地味アルバムの系譜ではあった。音像の美しさ、何度も聴いて味わい深まるスルメ的魅力で、やっぱりヨラ大好きだな~っては思えたけど。 Yo L…

浅井健一& THE INTERCHANGE KILLS / Sugar

思いついたままを提示しているような最近の作風に比べると歌詞もアレンジも一段練られたような丁寧さのある歌詞とアレンジで、それを疾走感のあるバンドサウンドで聴かせてくれて凄く良かった。 浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS 『Ginger Shaker』MUSIC V…

MGMT /Little Dark Age

めちゃくちゃポップで、アイデアに溢れていて、予想以上にサイコーだった。タイトル通りに現実のダークさを織り込みつつもそれ以上に現実から遥かに逃避させてくれる夢見心地のサウンドがたまらなかった。 MGMT - Me and Michael - YouTube MGMT - When You …

FRANKIE COSMOS / VESSEL

まったく歪さを感じられないところが物足りない気もするけど、そこが良さでもあるし、前作を凌駕するメロディーメイカーとしての才気に溢れたメロディーとそれを過剰にならないアレンジで奏でる趣味の良さでに愛聴盤になりました。 Frankie Cosmos - Jesse […

Mount Eerie / Now Only

前作に引き続き感情の赴くままに作られたようなリアルさを持ったドキュメントでありつつ客観的音楽的に仕上げる巧妙さを併せ持った(スリリングで面白い)私小説のような作品で、時間経過の為か前作よりも少しばかり上向きなメロディーが立ち現れる辺りも悲…

James Iha / Let It Come Down

昔から評判良かったし、スマパンも好きだったのに聴いてなかったイハのソロ作、ブックオフでワンコインだったので買ってみたら評判通り素晴らしかった。ただひたすらにいいメロディをぼんやりした声で歌っているアルバムなだけにスマパンの楽曲がtodayみたい…

見汐麻衣 / うそつきミシオ

埋火、MANNERSとも全然違う、上質な歌モノとしか言いいようのない、独特の声とメロディがより際立って聴こえるアルバムで、ちょっと坂本慎太郎のソロ作品に通じるような雰囲気も感じた。 見汐麻衣 「はなしをしよう」Let's Talk - YouTube 発売日 2017/11/5…

POLYSICS / That's Fantastic!

『ダンス グミグミ』みたいなポップ路線の甘口曲もあるけど、ほぼひたすらバキバキで前衛的なナンバー揃い、なのにちゃんとメジャーアルバムとして聴けちゃう。相変わらずオンリーワンだし、またしても臨界点超えたアルバムだった。 POLYSICS 『That's Fanta…

weezer / pacific daydream

新しいアルバム出る度に言ってる気がするが、weezerは作品出してくれるだけで有難いのでそれだけでとりあえず嬉しい。で今作は珍しくストレートにビートルズ風だったりする部分などがありつつも最近の大物アーティストの作品と同様にアレンジや音色が思いっ…

Courtney Barnett & Kurt Vile / Lotta Sea Lice

企画モノだし緩い感じかなと思っていたら凄く良かった。この作品の為のカート曲はキャッチャーなメロディーが際立っていたし、カヴァーの選曲もハマっていた。2人の相性の良さはもちろんだけど他の参加メンバーの演奏も良くて、くつろいだ雰囲気でありつつ…

Julien Baker / Turn Out The Lights

最初はあまりに感情過多な歌声に苦手意識が湧いてキツく感じたのに聴く度にその声が演奏に溶け合って一個の音塊として気持ち良く響きだして、何度も繰り返し聴いてしまった。傑作です。 Julien Baker - "Turn Out The Lights" - YouTube 発売日 2017/10/27収…

SPIRIT FEST / Sprit Fest

テニスコーツ+マーカス・アーチャーのコラボアルバム、期待通り良かった。マーカス・アーチャーのやってるノーツイスト風味は抑え目、ほぼテニスコーツみたいだけどいつもより若干インディロック寄りになった感じか。なので曲によってはヨ・ラ・テンゴ辺り…

スカート / 20/20

過剰なプロダクションが施される訳でもなく、いい意味で変わらない、でも確実にブラッシュアップされた楽曲群という理想的なメジャーデビュー盤。とにかく声がいいです。 スカート / 視界良好【OFFICIAL MUSIC VIDEO】 - YouTube 発売日 2017/10/18 1. 離れ…

CHAI / PINK

音自体はニューウェーブ風味にバラエティ豊富なギターロックと好きな音が詰まっていて楽しい。ただ歌詞や全体を覆う世界観が単純というか無責任なメッセージ性を帯びていて、ちょっと引き気味にもなる。好物と苦手料理が同じ皿で出てきたみたいな感じだけど…

DECLAN O'DONOVAN / Broken Sky

グッドメロディにダミ声で一歩間違えると伝統的なシンガーソングライターのクリシェになりそうなところだけど、変な渋味が無く軽やかで嫌味なく聴けて良かった。もうちょっとピアノを前面に出して欲しいとは思ったけど、ストイックに同じことやり続けて枯れ…

Ariel Pink / Dedicated To Bobby Jameson

帯文のベッドルームへの帰還というのがまさにぴったりのアルバムだった。無茶苦茶ポップなのに細かく捻り過ぎていて通しで聴くといい意味でかなりグッタリする濃密さ。ボーナストラックも更に振り切っていて楽しいので日本盤推し。 Ariel Pink - Another Wee…

The Horrors / V

インダストリアル+ニューロマみたいなM3「MACHINE」はポップでありつつもホラーズらしくてカッコ良かった。全体的には聴きやすくまろやか〜な感じで、完成度は高いとは思うがそれはホラーズに求めていないのでちょっと戸惑ってしまった。 The Horrors - Mac…