yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

音楽

見汐麻衣 / うそつきミシオ

埋火、MANNERSとも全然違う、上質な歌モノとしか言いいようのない、独特の声とメロディがより際立って聴こえるアルバムで、ちょっと坂本慎太郎のソロ作品に通じるような雰囲気も感じた。 見汐麻衣 「はなしをしよう」Let's Talk - YouTube 発売日 2017/11/5…

POLYSICS / That's Fantastic!

『ダンス グミグミ』みたいなポップ路線の甘口曲もあるけど、ほぼひたすらバキバキで前衛的なナンバー揃い、なのにちゃんとメジャーアルバムとして聴けちゃう。相変わらずオンリーワンだし、またしても臨界点超えたアルバムだった。 POLYSICS 『That's Fanta…

weezer / pacific daydream

新しいアルバム出る度に言ってる気がするが、weezerは作品出してくれるだけで有難いのでそれだけでとりあえず嬉しい。で今作は珍しくストレートにビートルズ風だったりする部分などがありつつも最近の大物アーティストの作品と同様にアレンジや音色が思いっ…

Courtney Barnett & Kurt Vile / Lotta Sea Lice

企画モノだし緩い感じかなと思っていたら凄く良かった。この作品の為のカート曲はキャッチャーなメロディーが際立っていたし、カヴァーの選曲もハマっていた。2人の相性の良さはもちろんだけど他の参加メンバーの演奏も良くて、くつろいだ雰囲気でありつつ…

Julien Baker / Turn Out The Lights

最初はあまりに感情過多な歌声に苦手意識が湧いてキツく感じたのに聴く度にその声が演奏に溶け合って一個の音塊として気持ち良く響きだして、何度も繰り返し聴いてしまった。傑作です。 Julien Baker - "Turn Out The Lights" - YouTube 発売日 2017/10/27収…

SPIRIT FEST / Sprit Fest

テニスコーツ+マーカス・アーチャーのコラボアルバム、期待通り良かった。マーカス・アーチャーのやってるノーツイスト風味は抑え目、ほぼテニスコーツみたいだけどいつもより若干インディロック寄りになった感じか。なので曲によってはヨ・ラ・テンゴ辺り…

スカート / 20/20

過剰なプロダクションが施される訳でもなく、いい意味で変わらない、でも確実にブラッシュアップされた楽曲群という理想的なメジャーデビュー盤。とにかく声がいいです。 スカート / 視界良好【OFFICIAL MUSIC VIDEO】 - YouTube 発売日 2017/10/18 1. 離れ…

CHAI / PINK

音自体はニューウェーブ風味にバラエティ豊富なギターロックと好きな音が詰まっていて楽しい。ただ歌詞や全体を覆う世界観が単純というか無責任なメッセージ性を帯びていて、ちょっと引き気味にもなる。好物と苦手料理が同じ皿で出てきたみたいな感じだけど…

DECLAN O'DONOVAN / Broken Sky

グッドメロディにダミ声で一歩間違えると伝統的なシンガーソングライターのクリシェになりそうなところだけど、変な渋味が無く軽やかで嫌味なく聴けて良かった。もうちょっとピアノを前面に出して欲しいとは思ったけど、ストイックに同じことやり続けて枯れ…

Ariel Pink / Dedicated To Bobby Jameson

帯文のベッドルームへの帰還というのがまさにぴったりのアルバムだった。無茶苦茶ポップなのに細かく捻り過ぎていて通しで聴くといい意味でかなりグッタリする濃密さ。ボーナストラックも更に振り切っていて楽しいので日本盤推し。 Ariel Pink - Another Wee…

The Horrors / V

インダストリアル+ニューロマみたいなM3「MACHINE」はポップでありつつもホラーズらしくてカッコ良かった。全体的には聴きやすくまろやか〜な感じで、完成度は高いとは思うがそれはホラーズに求めていないのでちょっと戸惑ってしまった。 The Horrors - Mac…

Arcade Fire / Everything Now

ポップ過ぎるという評判通りどポップだった。でもそんなバンドだしかなり好き。歌詞は暗いというより真面目だなあという印象だけど、相変わらず大勢でワイワイ奏でて楽しそうな曲そのもののパワーが先行していてテンション自体は高いのも良かった。 Arcade F…

RIDE / Weather Diaries

ライドはリアルタイムで聴いたのが「Trantula」で、当時は野暮ったくて古臭いロックにしか聴こえなくて、あんまり好きにならなかった。そのあとシューゲイザーのバンド聴いていく中で初期作なんかを聴いて、こんなバンドだったんだと認識を改めたんだけど、…

LCD SOUNDSYSTEM /American Dream

なんかついこの前解散したような気がしてたけど復帰作らしい。全然変わってない。相変わらず楽しい。でもアルバムトータルでは今までになく聴きやすい気もするので売れるのも納得。 LCD Soundsystem - tonite - YouTube 発売日 2017/9/1収録楽曲1. Oh Baby…

Japanese Breakfast / Soft Sounds From Another Planet

前作での声の可愛さ、ポップなメロディーはそのままにより冴えまくったアレンジが深みを与えていてタイトル通りの桃源郷サウンド。特にM5、M10のまろやかさはたまらなかった。 Japanese Breakfast - Machinist (Official Video) - YouTube Japanese Breakfas…

ものんくる / 世界はここにしかないって上手に言って

素晴らしい楽曲と圧倒的なボーカルでこれまで同様にハイクオリティな作品。今回は楽曲がコンパクトにまとまっていて、『ものんくる』らしさは少し薄まっている気もしたが、より歌謡曲とか普遍的なポップスに近づいた傑作だと思う。 ものんくる / ここにしか…

Homecomings / SYMPHONY

欧米のバンドでも今ではほとんど見当たらないような真っ当なインディーギターポップぶりは変わらずでイイ。似たようなリフが聴こえるというのもあるけど、ピュアな爽やかさはちょっとガールズみたいで、それも良かった。 Homecomings "PLAY YARD SYMPHONY"(…

台風クラブ / 初期の台風クラブ

全曲バラエティに富んでいて楽しい。オザケンがロックンロールやってるみたいな曲もある。センスがいいのにちゃんと粗野な感じがあるのも好き。ジャケットを昔の学生風みたいなのじゃなくて、今っぽいスタイルでやってくれるともっと嬉しい。 発売日 2017/8/…

Super Furry Animals / Fuzzy Logic (20th Anniversary Deluxe Edition)

『Fuzzy Logic』20周年記念盤、レア曲が沢山入ってると思って買ったら殆ど知ってる曲だった…。輸入盤で安かったし、名盤であることは再確認出来たしデモ集だけでも充分元はとれたけど。ていうか新しいアルバム出して! Bad Behaviour - Super Furry Animals …

けもの / めたもるシティ

凄い良かった。特に前半のメロディ、アレンジ、歌詞の言葉選びのセンスが良くて、シティポップ自体には辟易気味だったのに全然新鮮に聴くことが出来た。 けもの / めたもるセブン 【MV】 - YouTube 発売日 2017/7/19収録楽曲1.オレンジのライト、夜のドライ…

Laurel Halo / Dust

歌物になったのは良かったのかどうか微妙だったけど、ぶっ飛びつつもあくまでポップというバランスは『ツイン・ピークス』や『ブルーベルベット』の世界観を模倣したラナ・デル・レイなどのようなムードだけが近しいものより遥かにデヴィッド・リンチ的とい…

Waxahatchee / Out In The Storm

ポップなメロディーとUSインディー王道のアレンジの上でリアム・ギャラガーばりに語尾で巻舌気味に韻を踏むロックンローラーな感じがカッコ良いが、何よりジャケがオロチみたいで大好き。こういうのはやっぱりフィジカルで持っていたくなるよなー。 Waxahatc…

Cornelius / Mellow Waves

もう歌モノをやらないか、もしくは枯れたアルバムになるんじゃないかと思っていたら変わらず実験とポップを兼ね備えた作品で嬉しかった。『いつか / どこか』の最後で激しいギターを聴かせてくれて、もっとくれ〜という状態にされるのもイイ。しかし以前のよ…

NUUAMM / w/ave

前作に引き続いて2人の声の相性の良さとメロディーの楽しさ、録音の素晴らしさがたまらない傑作。どんどん重く深くなってきてるソロと違って軽やかな青葉市子のボーカルを楽しめるというだけでも貴重な作品。 NUUAMM (青葉市子×マヒトゥ・ザ・ピーポー)/MAH…

DÉ DÉ MOUSE / dream you up

高揚感とともに適度にノスタルジーを刺激される音の連なりとアートワークも含めたトータルな世界観の完成度。気持ちいい。 DÉ DÉ MOUSE / get you back MV -α version- - YouTube 発売日 2017/4/12 収録楽曲1.get you back 2.face to face 3.bent 4.dream yo…

Lake / Forever Or Never

これまで以上にコンパクトでポップな曲が詰まった作品で、ちょっとスタカンを思わせる曲があったりもする。あまりにもスッキリし過ぎて物足りないぐらいだけど、それが繰り返し聴くのに丁度いい具合のアルバムに仕上がっていた。 LAKE – Magazine (official)…

Friedrich Sunlight / Friedrich Sunlight

日系アメリカ人がやってるドイツのバンドという掴みで購入してしまったけど、ちょっとThrillsを彷彿とさせるようなサンシャインポップで、当たりだった。ツボを突きまくったアレンジとちょっと頼りないボーカルがいい具合。 Friedrich Sunlight - Sommer Sam…

Radiohead / OK COMPUTER OKNOTOK 1997 2017

デラックス版はほんとにもう買わないと心に誓い、実際レディオヘッドに関してもアムニージアックまでのデラックス版は売っ払ってたんだけど、今回は20年待ち望んでいた「Lift」が収録されてしまったので思わず購入。「Lift」と「I Promise」「Man Of War」と…

Mount Eerie / A Crow Looked At Me

感情をそのままにアコギで弾き語ったシンプルな作りのようで、繊細なアレンジでピアノなどを織り込んだ緻密さ。その上で喪失の感情を物語にすることなくそのまま音楽にしてあって、一度聴きだすとその世界に深く入り込んでしまうような、喪失を再生や癒しの…

CHAI / ほめごろシリーズ

テンション高く過ぎて疲れるのであんまり繰り返し聴けない感じなんだけど、好きな系統のバンドだった。ニューウェーブっぽいけど熱いロックバンドでもある、という。面白い。 CHAI「sayonara complex」 - YouTube 発売日 2017/4/26 収録楽曲1. Sound & Stoma…