読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

さよなら歌舞伎町

    周囲に一流ホテルを解雇されたことを隠したままラブホテルで店長を務めている徹(染谷将太)と同棲相手の沙那(前田敦子)、時効の迫る恋人(松重豊)を匿いながらラブホテルで働く中年女(南果歩)、韓国から出稼ぎに来てデリヘルで働くヘナ(イ・ウヌ)とその恋人チョンス、などの人間模様をラブホテルの1日を中心に描いた映画。

    登場人物たちをオムニバス的に描きながらラブホテルという一点でそれぞれを交差させるという手法自体はよくあるし、分かるんだが、それにしても偶然が重なりすぎて必然の見えない作りだった。刑事も泊まりにくれば、主人公・徹の妹がAVの撮影で偶然やってきたりもする。それ『桃木屋旅館騒動記』でもやってたが、あれはコメディだったし、こちらは一応リアリテイ路線なんで、あんまりだと思ったがどうなんだろう。

  あとラストでの徹の行動が、それまで映画が描いて積み上げてきたものと繋がらず、そもそも何故『さよなら歌舞伎町』なのかがよく分からなかったし、背景に震災を入れ込むのも中途半端な扱いに感じたが、背景描写にヘイトスピーチデモが映り込んだ場面など、物語以上に生々しい気色悪さを感じさせられた瞬間もあるにはあった。

    しかし元々あっちゃん目当てだったので、そこがどうか、というところが肝要だが、出番は少なかった。ゲスト出演と言ってもいいぐらい。それに舞台設定からしていかにも廣木隆一っぽい内容なので(*勝手なイメージ。最近のフィルモグラフィー見たら感動物のようなタイトルが並んでた…)やっぱりバリバリ脱いでるイ・ウヌの方が映画に合ってたし存在感もデカかった。というかイ・ウヌが良かったな…。


f:id:yudutarou:20150206214524j:plain