読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

ラッシュ/プライドと友情

    理論型でイヤミなニキ・ラウダダニエル・ブリュールと享楽的なライフスタイルを送るプレイボーイ、ジェームズ・ハントクリス・ヘムズワース)という真逆な性格の天才ドライバー2人の戦いと友情を、76年のF1シリーズを舞台に描くロン・ハワード監督作。

    面白かった。ロン・ハワードの映画で初めて面白いと思った気がする。面白さの肝は迫力のF1バトル、これに尽きる。CGと実写(実車)を絶妙に組み合わせ、所々フェティッシュにマシーンのディテールを描写してスピードレースの醍醐味を体験させてくれた。昔ラジコンカタログで見て憧れた珍車、6輪タイレルが映画で観られたのも感激だった。

    物語は至ってシンプルだが、F1バトルが主人公なのでちょうどいい。だからこそ相反する2人の天才の対決も際立っていた。そして全体の泥臭いムードをハンス・ジマーのハードロックギターが盛り上げる。

    ストーリーで一番楽しかったのは中盤、どん底状態のハントが女遊びを復活させるのと、F1マシンのビストン運動がオーバーラップしてF1ドライバーとして再生するところ。ベタなメタファーでおかしくもあるのだが、しかしここもシンプルだからこそ盛り上がるものがあった。

    あと、モータースポーツは殆ど金が全てという冷酷な事実もちゃんと盛り込みつつ、それでも熱いハートの大切さを描けていたのも良かった。

    終戦の日本GPは、盛り上がったんだか何だかよく分からんところもあるが、これは実話ベースなので仕方ないね。
    

f:id:yudutarou:20150304170356j:plain