読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

仮面ライダー4号(2015)

   1話は今春公開された仮面ライダードライブの劇場版『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』の来場者プレゼントとしてDVDで配布、残りの2話、3話はdocomoの動画サイトdビデオで配信(有料)という変則的なリリースの本作。しかしストーリー的には劇場版から地続きで、今作を最後まで見ないとストーリーが完結しないという子供泣かせ親泣かせな企画。

    今作、まず無料配布DVDのエピソード1が良い。SFでお馴染みの同じ時間が繰り返されるループもので、大体この設定だけである程度面白いのだが、そこに何度も出てくるのが本編では滅多にない詩島姉弟のオフの姿(特に霧子)というのが毎週見ている身としては嬉しい。そしてこの1話のラストに出てくるのがタイトルにもなっている仮面ライダー4号。昭和ライダースタイルにミリタリーテイストを加えたデザインが新鮮で、物語の無限ループの行方と4号の役割への興味から2話、3話が非常に観たくなるという仕掛けだ。

f:id:yudutarou:20150420135053j:plain

     で、珍しくうちの奥さんも続きを見たがっていたのでどうしようかな〜と思ってたいたら、dビデオは最初に無料期間があるというのでそれを使って鑑賞。しかしストリーミング配信はよほどネット環境整えていないと微妙なストレスあるし、画質も不満で、今後この形式が主流になっていくのはどうなんだろう、とは思った。

    が、それはさておき本編の話。これは良くも悪くもいつもの特撮ヒーロークオリティ、そういう類のものが好きなので個人的には満足だったが、劇場版に引き続き敵が秘密情報を喋りまくったり、行動の非効率ぶりが目に余りまくったりというのは仕方ないにしても仮面ライダー4号の存在意義が殆ど感じられないのはどうかとは思った。

    とは言え歪んだ世界でのショッカーによるデストピア描写は霧子=内田理央からの眺めで軍用機の編隊が通過するシーンなどダークSFテイストが色濃く楽しかったり、もはや繰り返すことでギャグ化している霧子の高所からの飛び降りがあったりで、不満を補う面白味は十分あった。

f:id:yudutarou:20150420134951j:plain

    あと今作では劇場版に引き続き仮面ライダー555半田健人)が登場しているのだが、物語が進むにつれ今回のシリーズはどうやら『仮面ライダー555』の完結編的性格を裏ストーリーとして担っていることが分かってくる(多分。『仮面ライダー555』は見たことないのでホントのところは不明)。そしてそのストーリーは実は前々作の『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』から引き続きというほうが正確で、そういう意味ではマーベルみたいにサーガ的な筋書きがあってかなり楽しい。商売上でも過去作のソフトに手を伸ばさせる試みとして上手いし、誰かちゃんとマスタープランを用意しているのかなとも思った。

f:id:yudutarou:20150420135118j:plain

    それにしても今作の終わり方、結構本気でシンミリしちゃった。これが有料のウェブ限定で公開というのは勿体無いな〜。


f:id:yudutarou:20150420135550j:plain