読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

ゴジラ対メガロ (1973)

   核実験によって安寧を奪われた古代地底人、シートピア人が人間に復讐を決意。怪獣メガロを使って人類に攻撃開始、科学者伊吹(佐々木勝彦)の開発した人型ロボット、ジェットジャガーも強奪して地球侵略に協力させ、更には宇宙怪獣ガイガンも招集する。伊吹と弟の六郎(川瀬裕之)、友人のレーサー陣川(林ゆたか)はジェットジャガーのコントロール奪取し怪獣島のゴジラへの応援要請を画策するが…。


     この時期の怪獣映画の予算規模やマンネリ化もあってのことだろうけど全体的に非常に安っぽい…。だけどそれは怪獣映画フィルター通しての鑑賞なので不問。しかしゴキブリにしか見えないメガロのデザインはかなりカッコ悪かった。

f:id:yudutarou:20150428112357p:image

     原案関沢新一というのは先住民族の逆襲というアイデア出したぐらいだろうけど、そこら辺と核実験による影響という部分でゴジラ映画としての設定はとりあえず押さえました、ということみたい。

     映画の売りとしてはゴジラと共闘するジェットジャガーの存在で、今見ると悪魔的な顔面やくすんだ色合いのデザインがかなり独特。途中人間サイズから怪獣サイズへ理屈抜き、気持ちの問題で巨大化するという荒技を繰り出し、本多猪四郎が実は頑張って科学的根拠、裏付けを求めていたという姿勢とは真逆の雑な文法を使用してるのだが、これはこれで味。さすが『エスパイ』の福田純脚本監督。怪獣ものなのにチキチキ風味のカーアクションが一番力入っていて面白かったりするのも監督の色か。眞鍋理一郎の劇盤もそういう作品の色に合わせてあって良かった。

f:id:yudutarou:20150428112425p:image
    あとゴジラがなかなか活躍せずにジェットジャガーのピンチにやっとこさ登場してくるという、レジェンダリー版の「待ってました!」感に通ずるタメ具合はなかなか効いてた。

f:id:yudutarou:20150428112437j:image

    作品としては子供騙しな出来なのは間違いないんだけど個人的には怪獣本で存在だけ知ってた憧れの(?)ジェットジャガーを見られたというだけで観る価値あったよ。


f:id:yudutarou:20150428112450j:image