読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

ハミングバード (2013)

    戦場で心に傷を負った元特殊部隊員ジョゼフ(ジェイソン・ステイサム)は軍法会議から逃れロンドンの片隅でホームレスとして生活していたが、ある時、彼を暖かく受け入れてくれていた少女がギャングに拉致されてしまう。偶然にとある富豪に成りすことになったジョセフは、少女を救うため、富豪の財力と眠らせていた身体能力を駆使して裏社会でのしあがっていくのだが…。監督は『イースタン・プロミス』の脚本家のスティーブン・ナイト

    冒頭、落武者禿げで登場するステイサムのインパクトで期待出来ると思った通り、王様と乞食的なプロットで社会の下層から世界を描写する試みをステイサムを据えてエンタメとしてやってしまった為に独特の味わいの作品に昇華していた。よく考えると実はよく分からないテーマ性とか諸々あるのだが、面白かった。

f:id:yudutarou:20150610153912j:image

    どん底状態のステイサムがいつもの無敵ステイサムに成り上がっていく様が面白いのだが、そんなステイサムが決してヒロイックではなく、むしろ無敵になるにつれてその暴力性が浮き彫りになっていくというのが新鮮だった。

f:id:yudutarou:20150610153926j:image

     物語としてはステイサムの心の拠り所として登場する暴力と真逆の世界の象徴であるシスター(アガタ・ブゼク)との心の交流と恋心が、少女を助けるという使命、更には富豪成りすましというエピソードとごちゃ混ぜになって、一体何をやりたいのかよくわからないことになっているのは勿体無い気もしたが、先述の成り上がりステイサムの面白さと下層の苦味のハードボイルド加減で全体としてはあんまり気にならない。当たりのステイサム映画だった。

f:id:yudutarou:20150610153932j:image


f:id:yudutarou:20150610153939j:image