読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

映画クレヨンしんちゃん/嵐を呼ぶ歌うケツだけ爆弾! (2007)

    野原家の愛犬シロのお尻に“ケツだけ星人”が落とした爆弾がくっついてしまった。地球を吹き飛ばすほどの破壊力を持つその爆弾を巡り、爆弾の爆発を防ごうとする宇宙監視センターUNTI(ウンチィ)と、爆弾をテロの武器として手に入れようとする美人テロ集団“ひなぎく歌劇団”が追跡劇を繰り広げる。そんな中、UNTIが爆弾をシロごとロケットに乗せて宇宙で爆破させようと計画していることを知ったしんのすけは、シロを連れて逃亡するが……。監督ムトウユージ、脚本やすみ哲夫

    テーマがシリアス過ぎてギャグとして楽しめないというのが1番辛かった。地球そのものと犬一匹の命を天秤にかけるという設定はやってるドタバタに対して重すぎるし、しかも特にそれに対して落とし前をつけるわけでもなく家族は大事という話で全てうやむやに終わらせるのはひどかった。

f:id:yudutarou:20150726211107p:image

    悪役の宝塚を模した歌劇団はその設定自体がギャグとして機能すると思っていそうなんだが全く笑えないし、シロの確保を目指すもう一方のウンチィという組織は別に悪の軍団というわけでなく極めて真っ当な行動原理によって動いているのだけど、単にそのリーダーが狂人というだけで無理矢理敵役に据えられているのもどうかと思った。

f:id:yudutarou:20150726211119p:image

    しかし冒頭宇宙人たちのお尻かじり虫をパクったような歌とダンスも子供騙しが過ぎるだろうと思ったが一緒に観ていた子供達は大喜びで早速真似を始めていたので実は子供映画としては全然アリなのかも知れない。


f:id:yudutarou:20150726210757j:image