読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ! (2005)

映画(TV、ソフトなど)
    発明家ウォレスと愛犬グルミットは害獣対策屋として町中の人たちが毎年の楽しみにしている巨大野菜コンテスト用の野菜をウサギたちから守る役割を一任されていた。一度はウォレスの発明品でウサギたちを平和的に一掃し、町は落ち着きを取り戻すが、しかし巨大ウサギが現れ不安に襲われた町の人たちはウォレスたちに再度ウサギ退治を依頼するが…。ニック・パーク、スティーブ・ボックス監督作品。

f:id:yudutarou:20150730101153j:image

    オープニングタイトルから不穏な街の佇まいの凝りまくった画面作りで、短編から地続きで細部へのこだわりが溢れているのが伝わってくる。なので従来通りのグルミットの微妙なニュアンスを伝える表情の作り方、独創的な発明品とその使い道、それらのディテールの細かな造形といった面白さはそのままに、更に今回は長尺を活かしてフランケンシュタインの怪物、狼男といった古典的ホラー映画へのオマージュで目一杯楽しませてくれた。出動時の二人同時スタートしての乾杯までの流れも最高だし車両もかっこいい。巨大ウリ育てて愛でる姿、セクシーダンスなどグルミットの魅力も炸裂していた。

f:id:yudutarou:20150730101650j:image

    巨大ウサギの暴れまわるクライマックスではストップモーションアニメの金字塔キングコングを、同じくコマ撮りでなぞった大立ち回りで、シリーズの集大成的なグルミットの活躍と合わせて長編映画ならではの面白さがあった。もっとも膨大な情報量を20分に凝縮して提示してきた短編群に比べるとやや間延びした部分もあるけど、シリーズの長編劇場版としては申し分ない出来映え。

f:id:yudutarou:20150730101700j:image

   あとネタバレ。
   最後の、ウォレスがグルミットを守って高所から落下し、一度は命を失いかけるというシークエンス、実は最初に観た時は長編だからといってハリウッド的な盛り上げなんて必要ないんじゃないかと感じていたんだが、今回子供と改めて短編から見直していくと、散々ウォレスの無茶振りに振り回され続けてきたグルミットに対して、それでもウォレスがきちんと無償の愛情を持っていることを行動で示したことが素直に感動的だった。

f:id:yudutarou:20150730101713j:image

    ウォレスがグルミットを守る前に、グルミットが身を盾にしてウォレスを守っているのも重要で、このコンビが互いに信頼関係で結ばれていることをシリーズの最後の最後で見せてくれたのも大団円に相応しかった。もう続編はないのかなあ…?


f:id:yudutarou:20150730100703j:image