読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

ジュラシック・ワールド (2015)

    ハモンド卿が創設した「ジュラシック・パーク」を引き継いだ富豪マスラニ(イルファン・カーン)によって新たにオープンなった「ジュラシック・ワールド」では、従来の遺伝子操作によって復活させた恐竜に加えて、異なる遺伝子をミックスさせた巨大で凶暴な新種インドミナス・レックスを誕生をさせていた。しかし高い知性をもったインドミナス・レックスは檻から脱出し、園内はパニックに陥る。パークのマネージメントを預かるクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は、姉から預かった甥っ子たちがパーク内に取り残されたことを知り飼育係オーウェンクリス・プラット)とともにインドミナス・レックスが潜む園内へ向かうが…。スピルバーグ製作総指揮、コリン・トレボロウ監督作品。

f:id:yudutarou:20150814161243j:image

     個人的にリアルタイムで観てきた映画の中で、ジュラシックパークパルプフィクションと並んでそれ以降のメジャーな映画の作り方を変革したエポックメイキングな作品だと思うが、今作はそういった類いの作品ではないし、ジュラシックパークシリーズの流れを汲む続編というよりは、もっと以前のストップモーションで撮られたような映画を現代版にアップデートして提示したような映画だった。

f:id:yudutarou:20150814161211j:image

    倫理的な側面とか、物語としての構成だとか全て脇に置いといて、もっと強くて凶暴な恐竜を観客は待っている!もっとスリルを求めてる!という劇中の台詞をそのまま具現化してしまったようや怪獣バトル映画で、充分満たされた。こちらも見世物としての期待感で臨んでいるので、太古にタイムスリップしたかのような弱肉強食の危険な世界でスター・ロードと怪獣たちが大活躍、という内容さえあれば、あとはもうどうでもいい。

f:id:yudutarou:20150814161224j:image

     恐竜を戦いに使うのはイヤだイヤだと言うときながら結局ヴェロキラプトルと一緒に森林を疾走して怪獣退治に行くオーウェンとか、どう考えても見せたい場面をやりたいために物語がジグザグになってるんだけど、確かにその場面がカッコいいし、燃えるから許せたりする。子供達の物語も全然改善解決してるとは思えないんだけど、パークで沢山スリル味わえたからいいでしょ、というぐらいのものか。今回はティラノサウルスとモササウルスが全て持っていくので、人間はわりとどうでもよかったが、ブライス・ダラス・ハワードは一作目のローラ・ダーンのややおばさん感を引き継いだ感じでよかった。

f:id:yudutarou:20150814161300j:image


f:id:yudutarou:20150814160813j:image