読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー (2015)

    仮面ライダードライブ=泊進ノ介(竹内涼真)の前に、未来から来たという息子を名乗る青年、泊エイジ(真剣佑)が現れベルトさん(クリス・ペプラー)が未来において人類を裏切り機械生命体ロイミュードによって世界が征服されてしまうと告げる。同じく未来から来たダークドライブの襲来を受ける中、ベルトさんを破壊して未来を救うのか試される進ノ介だったが…。監督柴崎貴行、脚本三条陸、アクション石垣広文。

f:id:yudutarou:20150816002548j:image

    タイムリープ物。なんかこの手のネタは良くある気もするが、現在進行形でTVシリーズとの整合性を保ちつつ劇場版をやるとなるとタイムリープ物かパラレルワールド物を持ってくるのが定番だ。で今回もいつもの如く辻褄がよく分からないところはあったものの、意外とちゃんとしてた。

f:id:yudutarou:20150816002556j:image

    未来から主人公を守る為に子孫がやってきて、同時に殺人マシーンもやってくるという話で、簡単に言うと『ターミネーター』。そのターミネーターに相当するのがダークドライブというライダーで、乗っている車も含めてデザインがいい。CGも普通に出来ること以上の表現を無理矢理やっている感はあるものの、悪くない。そして映画版ならではとしては、アイアンマン(もしくは第9地区)のようなスーツ装着時のインパネ表現を初めてやっていて、そこはやっぱり盛り上がる。

f:id:yudutarou:20150816002604p:image

    毎週子供と楽しみに観ている身としては、霧子(内田理央)、マッハ(稲葉友)、チェイス(上遠野太洸)の出番と掛け合いをもっと観たかったというのはあるけど、約1時間の尺の中でやや複雑な物語を詰め込みつつ楽しませてくれたので十分かな。ちなみに我が家がゲットした来場者特典はこちら↓

f:id:yudutarou:20150816002407j:image


f:id:yudutarou:20150816002323j:image