読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

アンダー・ザ・スキン 種の捕食 (2013)

   異星人と思しき美女(スカーレット・ヨハンソン)がスコットランドの街を徘徊し、男たちを誘惑しては謎の空間へ閉じ込めていたが、様々な出会いを経て彼女の行動に変化が起こり…。ジョナサン・グレイザー監督作品。

f:id:yudutarou:20150817232125j:image

    物語的説明を排した乾いた映像での語り口は、監督の出自からして天然ではなく、多分狙ったカッコつけだと思われるが、その狙い通り、同様に異星人が登場する普通のSFとは一線を画した面白さがあった。ちょっと『地球に落ちた来た男』を彷彿とさせるムードもある。

f:id:yudutarou:20150817232136j:image

    そして日常風景をエイリアンの目線から客観的に映し出す映像が、異邦人の視点からみたスコットランドの街並みをSF的風景に変換していた。そんな、世界に馴染めない気持ちを持つ側からの眺めが、ナルシスティックではあるものの、SF好きにとっては共感を持たずにおられない感覚で、個人的にもスカーレット・ヨハンソンがダラダラ車を走らせる前半は至福の時間だった。

f:id:yudutarou:20150817232146p:image

   ミカチューによる未来的ながらも古典的SFの風情がある劇盤が雰囲気を出していて良かった。あとスカーレット・ヨハンソンの脱ぎっぷり、どてっとした姿に好感度が上がった。

f:id:yudutarou:20150817232311j:image


f:id:yudutarou:20150817232418j:image