読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス (2014)

   西暦2116年、東南アジア、シーアンの軍事独裁者ハン議長(佐々木勝彦)は、首都シャンバラフロートに住民の精神状態を数値化し管理することで犯罪を抑制する「シビュラシステム」を日本政府より導入。しかしシーアンからシステム導入に反対するテロリストが日本へ進入し、その背後に元公安局執行官・狡噛慎也関智一)の存在が浮かび上がる。公安局は捜査の為、狡噛のかつての同僚でもある監視官・常守朱花澤香菜)をシャンバラフロートに派遣するが…。総監督本広克行、監督塩谷直義、脚本虚淵玄深見真総作監恩田尚之

f:id:yudutarou:20151127110110j:image

    テレビシリーズは未見だが、主役が花澤さんなので一応観た。背景美術の作り込みや作画のクオリティは高かったが『攻殻機動隊』と『パトレイバー2』が合わさったようなデザインとルックスなのは本広克行が総監督なだけにまたかという気もしたがProduction I.Gだから別にいいのか。

f:id:yudutarou:20151127110119j:image

   そんなわりと重厚なリアルさに釣り合わない美形比率の高さや、動きは滑らかだが重力の感じられないCG映像は気になったし「奴と再会できたら俺の代わりに一発ぶん殴っといてくれ」を筆頭とした寒い台詞はキツかったが、背景美術のレベルの高さや格闘シーンの動きが独特で段々気分が盛り上がっていった。そして人々が自分自身で管理社会を選んでしまう予感で迎える最終着地点の苦さは現代日本と繋がっていて、適度にソフィスティケートされた攻殻というようなものではなく、ちゃんとテーマと物語を真摯にエンターテイメントへ昇華している作品になっていた。

f:id:yudutarou:20151127110134j:image


f:id:yudutarou:20151127110056j:image