読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

クリムゾン・ピーク (2015)

    イーディス(ミア・ワシコウスカ)は、幼き日に母の亡霊から「クリムゾンピークに気をつけなさい」という警告を受け、以来幽霊を見ることが出来るようになる。彼女はやがて作家志望の美しい娘へと成長し、父親(ジム・ビーバー)に鉱山採掘の資金提供を求めてきた英国貴族トーマス(トム・ヒドルストン)と恋に落ちる。やがて彼と婚姻しトーマスの故郷にある朽ちかけた広大な屋敷で暮らし始めたイーディスだったが、そこは冬になると雪景色がぬかるんだ赤土の土壌によって紅く染まるクリムゾン・ピークと呼ばれる現象が現れる土地であった…。監督、脚本ギレルモ・デル・トロ

f:id:yudutarou:20160117103224j:image

   舞台の城の色彩やゴーストのデザインなどトロの趣味全開ぶりが楽しかったし、CGを使った部分もちゃんと不気味で気色の悪い風合いが出ていて良かった。トロの趣味全開と言えば主人公のパパが英国貴族トーマスの手をとり、その手の造作で生き様を読み取るくだりは風の谷の老人か!というツッコミを入れたくなるような微笑ましい場面だった。主人公のミア・ワシコウスカのメガネっ子ぶりとかも流石。

f:id:yudutarou:20160117103255j:image

    トム・ヒドルストンはロキのダメ弟ぶりと『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』でのゴシック貴族の両方を統合したようなキャラクターが見事にハマっていて最高だったし、彼の姉役のジェシカ・チャスティンも顔面がとても怖くて良かった。パシフィック・リムの主人公の人(チャーリー・ハナム)も善人キャラで出ていて嬉しい。顔面突き刺しを始めとした残酷描写も面白かったけど、直接的な描写が作品の風情を欠けさせてしまっている気がしたがそこはご愛嬌か。

f:id:yudutarou:20160117103244j:image

    あと、逃走するイーディスが作り込んだ屋敷の中をダイナミックに走り回り、それをカメラが追いかけていくクライマックスは目を見張るものがあったが、屋敷外に出てからのクリムゾンピークの風景をもっと見せて欲しかったのと、ここでの決着の付け方はもっと別のやり方で良かったのでは、という不満はあった。『パンズ・ラビリンス』的な方向と思っていたらこっちか、という少し残念な感じだが、少女冒険物の小品と思えばこれはこれでいいのかな、と思える程度のことなので全体として好感の持てる作品だという評価は変わらない。

f:id:yudutarou:20160117103332j:image


f:id:yudutarou:20160117103551j:image