読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

イット・フォローズ (2014)

   女子大生ジェイ(マイカ・モンロー)は好意を寄せていた男性ヒュー(ジェイク・ウィアリー)と一夜を共にするが、ヒューは彼女に「それ」をうつしたと告白する。性交渉によって感染し、感染者にしか見えない「それ」は、感染者を殺すか、感染者が他人にうつすまで追いかけてくるのだという。得体の知れない「それ」に追われ始めたジェイは友人のポール(キーア・ギルクリスト)、グレッグ(ダニエル・ゾヴァット)、ヤラ(オリヴィア・ルッカルディ)らとともに「それ」から逃げ延びるための行動を開始するが…。監督、脚本デビッド・ロバート・ミッチェル、撮影マイケル・ジオラキス、音楽ディザスターピース

f:id:yudutarou:20160313115137j:image

    普通の中年裸体の不気味さが前面に出た進撃の巨人チックな今風の死霊描写が不気味。低予算ながらカメラを左右に振っているだけで何かが映り込んでいるのではないか、という怖さを煽るエコノミーな恐怖演出も上手くて、しかもそれがちょっとしたアート映画風味になっているのも良かった。さらにはチープなシンセによる劇伴はB級ホラーテイストを醸し出し、ちゃんとジャンル映画的な面白味も全開にしていて好感が持てる。意味ありげな「それ」の設定で深みを与えようという部分は邪魔に感じたが、センスと巧さの光る青春ホラー映画として十分に面白かった。

f:id:yudutarou:20160313115149j:image


f:id:yudutarou:20160313115208j:image