読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

ちはやふる 上の句 (2016)

    小学生の綾瀬千早、真島太一、綿谷新の3人はともに「競技かるた」に情熱を燃やして友情を育んでいたが、新は家の都合によって引っ越してしまう。新への憧れを忘れなれない千早はカルタを続けていれば新に再開出来ると信じていた。高校に入学した千早(広瀬すず)は太一(野村周平)に和物マニアの奏(上白石萌音)、お調子者の西田(矢本悠馬)、秀才の駒野(森永悠希)を加えて「競技かるた部」を創設し活動を開始する。そんな中、太一は千早への恋心と新(真剣佑)へのコンプレックスを抱えながらも部長として仲間と全国大会を目指すのだった。監督、脚本・小泉徳宏、撮影柳田裕男、音楽横山克。

f:id:yudutarou:20160423064634j:image

    二部構成の利点を生かして、主役3人の恋と友情という縦軸を置きつつ、良い意味でテレビドラマ的にその他のキャラクターたちそれぞれにも焦点を当てながら青春物、チームスポーツ物の醍醐味や題材であるカルタそのものの魅力を語る幅も持たせた作りで、お腹いっぱいになったし楽しかった。さらに今作の第一部を太一の成長物語として独立した一本の映画として完結させており、散漫さも感じなかった。

f:id:yudutarou:20160423064713j:image

    主人公の千早は情熱がほとばしりすぎた美少女というマンガでなければ存在自体が危ういキャラクターだが、広瀬すずがズバ抜けた美少女ぶりとそこに同居したあどけなさで劇映画の主人公として成立させていたのもマンガ実写化の成功要素として大きかった。渾身の白目演技は笑えるし、それでも可愛いというのが凄かった。

f:id:yudutarou:20160423064739j:image

    一見地味な競技かるたの試合をハイスピード撮影を駆使して激しいアクションとして演出していたのも観ていて飽きさせないし、カルタの札を取りに行くことと実人生で何かを掴みに行くことの意味を重ねてみせるような、題材と物語とをリンクさせて編み込んだ脚本も丁寧で好感が持てた。この手の類型化された部活物(?)って大体面白いけど、中でも今作は特に面白かった。

f:id:yudutarou:20160423064812j:image

    あと『仮面ライダードライブ』映画版で主人公進ノ介の息子役をやってた千葉真一の息子(真剣佑)が出てて、次作『下の句』では多分もっと出番増えるだろうし、松岡茉優も出てくるからキャストの面でも続編が楽しみだよ。

f:id:yudutarou:20160423064835j:image


f:id:yudutarou:20160423064951j:image