読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

蜜のあわれ (2016)

    老作家(大杉漣)の自宅の池に住む金魚が若く美しい女性・赤子(二階堂ふみ)として老作家の前に出現し、2人は親子のように仲良く同じ時間を過ごすが、ある時、老作家と過去に愛人関係にあったらしき女で、死んだはずのゆり子(真木よう子)が現れたことで赤子に嫉妬や独占欲が芽生え、老作家もまた赤子を女として意識し始める。監督石井岳龍、脚本港岳彦、撮影笠松則通、音楽森俊之・勝本道哲。

f:id:yudutarou:20160430191511j:image

    石井岳龍も遂にエロ文芸映画とか撮るのかと思ったら大人版のポニョみたいな映画だった(室生犀星の原作通りということなのでこっちが先だが)。メタファー満載のストーリーとはいえ普通に見せられると老人の妄想話の気色悪さ、男性目線の女性へのファンタジーでキツイことになりそうなところだが、遊びの入った演出や軽い会話劇で石井監督ならではのエンタメ性が優先していて楽しく観ることが出来た。

f:id:yudutarou:20160430191546j:image

    二階堂ふみの金魚をモチーフとした衣装で愛くるしく立ち回るアイドル映画としても堪能出来るし、美術を見てるだけで気持ち良かった。高良健吾芥川龍之介も良かった。あと永瀬正敏柴田恭兵に見えて仕方がなかったよ。

f:id:yudutarou:20160430191536j:image


f:id:yudutarou:20160430191750j:image