読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

orange (TVアニメ全13話)

    原作・高野苺、監督・浜崎博嗣、シリーズ構成・柿原優子、作画監督、キャラクターデザイン・結城信輝

 

f:id:yudutarou:20161018170403j:image

 

    原作は少女マンガ(?)みたいだし、花澤香菜さん主演なので録り貯めてたいたのをやっと観たら全篇ツッコミ入れて楽しむしかないトンデモぶりで、ある意味凄かった。

 

f:id:yudutarou:20161018170414j:image

 

    未来の自分から高校生の主人公に手紙が届いて、「転校生の男の子が先々自殺してしまうから阻止するように」と指令を下されるのだけど、とりあえず主人公は届いた手紙を全部は読まずに小出しで読んでいくという、この主人公には好奇心というものは無いのかというアッサリぶりにまず唖然。しかも未来からの手紙という普通に考えたら新手の詐欺としか考えられない現象を簡単に受け入れて、その不可思議な現象については特に探りもしないという恐るべき素直さにもツッコミを入れずにおけない。その未来からの手紙がまた1日ごとの出来事に対してきめ細かく指示出しをしていく内容で、一体未来の主人公はどれだけ記憶力があるんだと、ここでまたツッコミが入る…。

 

f:id:yudutarou:20161018170424j:image

 

    で、物語は救うべき転校生の男の子と主人公の恋愛話になっていくのだが、そこも友達を救う話と恋愛成就がごっちゃになって一体何をやっているんだという感じなんだけど、その転校生の男の子がまた酷くて、主人公に毎朝弁当を作らせてモーニングコールまで頼みながら別の美人な先輩に告白されるとあっさり付き合うデリカシーのない男で、しかも自分のことに対しては自意識過剰に罪悪感を抱く自己満人間で、残された祖母や友人の痛みなどを考えず自殺するのだが、よりにもよってトラックに自分から突っ込んでという、他人の人生も木っ端微塵に打ち砕く最悪の所業を行う。 

 

f:id:yudutarou:20161018170435p:image

 

    主人公の友人たちも全然悪くないことで後悔したりウジウジ悩んだりしている人たちばかりで辛い。そして最悪なのは未来にいる彼らで、過去を変えても彼らのいる未来とは別ルートのパラレルワールドになるからという理屈を作り上げて過去の改変を押し進めるのだが、リーダー格の諏訪くんは主人公と結婚していて子供までいるのに、その新しい生命の可能性を潰しかねない行為に乗り出す神経は完全にどうかしている。そもそも過去へ手紙を送るというのが現実味の無い単なる自己満足の行為にしても、新しい家族を得ながら現状に後悔ばかりしているというのでは子供が不憫すぎる…。というかバミューダトライアングルなどの不思議スポットが過去へのブラックホールになっていて、そこに手紙送ればピンポイントで過去の自分に届くなどという思い付きと、それを実行したというのはムーの愛読者でもなかなかやらないだろう…。 

 

f:id:yudutarou:20161019052111j:image

 

    とは言え逐一ツッコミを入れながらも作画自体が綺麗なので(但し11話で急にキャラの顔面がおかしなことになっているが)、ついつい最後まで観てしまったというのは、まんまとハマっているのかも知れない。怖いもの見たさで実写版も確認しようかな…。

 

TVアニメ「orange」PV第1弾 - YouTube

 

f:id:yudutarou:20161019052351j:image