読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

2016年映画年間ベスト

    なんか一位以外はどれも面白いけど、ズバ抜けて傑作だ〜という印象は無くて、何をランクインさせてもOKだとは思いつつ選んでたら殆ど日本映画になってしまった。

 

1位『この世界の片隅に


   非の打ち所がないほどの傑作だがちゃんと風通しの良さも保っていて、迷い無く1位に選んだ。

 

f:id:yudutarou:20161231181214j:image

 

この世界の片隅に (2016・日) - yudutarouログ

 

2位『クリーピー 偽りの隣人 』


   今年はどんよりした日本製犯罪映画の傑作が多かったが、中でもテーマ、演出、エンタメ性で突出していた。

 

f:id:yudutarou:20161231181311j:image

 

クリーピー 偽りの隣人 (2016) - yudutarouログ

 

3位『レヴェナント 蘇りし者』


   スクリーンで観る体験としては今年1番映画的だった。

 

f:id:yudutarou:20161231181655j:image

 

レヴェナント 蘇えりし者 (2015) - yudutarouログ

 

4位『君の名は。


    次のゴジラ同様に消費され過ぎて個人的脳内評価は下がりまくっていたが、冷静に思い返すとやっぱりアニメーションとして素晴らしかった。

 

f:id:yudutarou:20161231182033j:image

 

君の名は。 (2016) - yudutarouログ

 

5位『シン・ゴジラ


    公開前、やるなら怒りのデスロード方式しかないんじゃないかと思っていたらホントにそんな映画だったので楽しかった。

 

f:id:yudutarou:20161231182131j:image

 

シン・ゴジラ (2016) - yudutarouログ

 

6位『リップヴァンウィンクルの花嫁』


   岩井俊二の美意識と狂気を堪能した。

 

f:id:yudutarou:20161231182219j:image 

 

リップヴァンウィンクルの花嫁 (2016) - yudutarouログ

 

7位『の・ようなもの のようなもの』


   まさかの続編で、しかも納得と感動の出来だった。

 

f:id:yudutarou:20161231182308j:image 

 

の・ようなもの のようなもの (2016) - yudutarouログ

 

8位『ちはやふる 下の句 』


    『上の句』と合わせて楽しい作品だった。

 

f:id:yudutarou:20161231182357j:image

 

ちはやふる 下の句 (2016) - yudutarouログ

 

9位『あやしい彼女』  

 

    多部ちゃんのアイドル映画として満腹だった。

 

f:id:yudutarou:20161231182447j:image 

 

あやしい彼女 (2016) / 怪しい彼女 (2014) - yudutarouログ

 

10位『貞子vs伽倻子』


    ゴジラやスーパーマンが生真面目にやってる横でバーサス物としての醍醐味を味あわせてくれて楽しかった。

 

f:id:yudutarou:20161231183616j:image

 

貞子vs伽椰子 (2016) - yudutarouログ


   スピルバーグやタラが『ブリッジ・オブ・スパイ』や『ヘイトフル・エイト』で凄みを見せてくれていたり、『葛城事件』の新井浩文のことは未だに頭から離れんかったり、アニメで言えば『聲の形』も良かったなーとか、『イレブン・ミニッツ』や『ドント・ブリーズ』も楽しかった、とか色々あるが、時間もないことだし(ただいま大晦日で嫁の実家)、今年はこんな感じで。しかし見逃した作品が多過ぎたよ。