読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

アシュラ (2016・韓国)

    再開発の進む地方都市アンナム市。刑事ハン・ドギョン(チョン・ウソン)は療養中の妻の入院費用を賄うため、街を牛耳る悪徳市長パク・ソンべ(ファン・ジョンミン)からの汚れ仕事を請け負う悪徳刑事だが、ある時それに勘付いて分け前を強要してきた上司ファン班長をビルから突き落とし死なせてしまう。何とか事故として処理したドギョンだったが市長逮捕に燃える検事キム・チャイン(クァク・ドウォン)に真相を握られ、検察の二重スパイとして市長を探らされることになってしまい…。

監督、脚本:キム・ソンス、美術監督:チャン・グニョン、武術監督:ホ・ミョンヘン、撮影監督:イ・モゲ、VFX:チェ・ジェチョン、音楽:イ・ジェジン。

 

f:id:yudutarou:20170415170048j:image


    映画世界の風景、異常にキャラ立ちした登場人物たち、全てが剥き出しの暴力性に満ちてエネルギッシュ(暑苦しい)でテンション高まる幸せな時間だった。

 

f:id:yudutarou:20170415170104j:image


    妻の治療費を稼ぐ為に悪行に身を投じる主人公や弟分的存在から段々と調子に乗っていく若手刑事ムン・ソンモ(チュ・ジフン)、
絵に描いたような悪徳市長など誰もが戯画的なキャラクターなんだけど、俳優陣の熱量が凄くてわざとらしさを感じない。突き落とされてすぐ死んじゃうファン班長の欲まみれの顔つきや、捜査チームのリーダー、ト・チャンハク(チョン・マンシク)の暴力的な顔つきなど、脇役たちもみんないい顔していて素晴らしかった。

 

f:id:yudutarou:20170415170116j:image

 

    いかにも悪徳市長や悪徳刑事が蠢いていそうなアンナム市の作り込みや、そこでのアクションなど舞台や演出の全ての土台がガッチリと組み上がった上で漫画的な物語を展開させているので映画世界にグイグイ引き込まれた。特に雨のカーチェイスシーンではCGも巧みに織り交ぜながら、漫画的表現を実写で超えていったようなトンデモなさがあった。

 

f:id:yudutarou:20170415170125j:image


    そんな破茶滅茶な物語ながらも雰囲気は重々しい緊張感を積み重ね続けるのだが、最終的には結局最後はそれか!と全てがどうでもよくなるクライマックスが繰り広げられて、それもジャンル映画として清々しかった。これで尺が90分ぐらいだったらさらに最高だったな。  

 

f:id:yudutarou:20170415170137j:image

 

映画『アシュラ』(2017/3/4公開) 邦題決定版ティザー予告編【公式】 - YouTube

 

f:id:yudutarou:20170415170231j:image