yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

漫画

怪獣8号 2 (ジャンプコミックス) / 松本 直也

1巻ではどんな方向に向かうのかまだよく分からなかったけど、これはもう、ストレートにジャンプ的王道バトル漫画で、最近はこの系統を読み慣れているのもあって楽しく読んだ。画力と魅力的なキャラクターでサクサク展開しながらも明かされない謎もあって物語…

citrus +(3)特装版 (百合姫コミックス) / サブロウタ

ちょっと重めの展開になるかと思いきやあっさり解決、番外編的キャラクターの馴れ合いがひたすら続いて、とても楽しい…。ずっとやってて欲しいです。

ピリアーとエロスのあいだ(全2巻)/ 寄田みゆき

作画での表情の描き方だったり、物語の原動力が互いの微妙な感情の差異からくるもどかしさだったりと伝統的な少女漫画の面白さで楽しく読めるところにタイトル通りのテーマが繊細に描かれていて、百合ジャンルならではの面白さもあった。あと主人公の友達(…

チェンソーマン 11 (ジャンプコミックス) / 藤本 タツキ

終わってしまった。一応、第一部完となってるけど、もう終わりでいいんじゃないかっていうぐらいにはちゃんと終わってた。かなりお腹いっぱいなので、のんびりと再開して欲しい。

たとえとどかぬ糸だとしても(全七巻)(百合姫コミックス) / tMnR

暗くて報われない展開がゆっくり7巻分続いたんだけど、どうやっても成就しそうにない関係性をどこへ着地させるんだよっていう興味と、基本的には明るい登場人物のキャラクターのおかげで楽しく読み通せた。イチャイチャしてる作品ばかり読むのもな〜、という…

チェンソーマン 10 (ジャンプコミックス) /藤本 タツキ

後半から人物の相関関係はもとより物語の展開自体よく分からん!となっていくのに勢いがあり過ぎてあんまり気にならない。というか、果たして後々分かりやすく説明してくれるのか、くれないのか、パワ子は?みたいな感じで不明瞭な部分も面白味になっていて…

うちのメイドがウザすぎる! (7) (アクションコミックス) / 中村 カンコ

みどりんを筆頭にサブキャラが安定していて今巻も楽しかった。ラブコメ(?)とは言え、関係が進展しちゃうと笑うに笑えない方向なんで、このままサブキャラ増殖していくんかな?

怪獣8号 1 (ジャンプコミックス) / 松本 直也

最近は子供が漫画を色々と読み進めているのでジャンプ系の人気漫画にもミーハーな感じで手を出してる。『呪術廻戦』とか『チェンソーマン』とか『スパイファミリー』とかどれも面白いけど、この作品は、この巻読む限りでは昔ながらの王道少年漫画(ただし主…

推しが武道館いってくれたら死ぬ 7 (リュウコミックス) / 平尾アウリ

芸名を使う意味やプライバシーの侵害についてなど、アイドル物のあれこれがストーリーの中で語られつつも全体として別に大きな展開があるわけでなく、ゆるりとした空気感とえりぴよの面白さだけが印象に残る気持ちよさ、凄い。絵の雰囲気とテンポでホントに…

ぼくたちは勉強ができない 19 (ジャンプコミックス) / 筒井 大志

パラレルワールドとはいえ主要キャラそれぞれがハッピーエンドに着地していくのは気持ちいいし、今回の文乃回でも彼女以外のキャラにもちゃんと納得の退場をさせつつコミックス1巻ぶんで物語を完結させていて、相変わらず楽しい。それにしても理珠、文乃まで…

女子高生の無駄づかい (8) (角川コミックス・エース) / ビーノ  

バカの感情当てクイズが馬鹿すぎて面白かった。しかしキャラが増えすぎて、みんないいキャラだから、一冊読んでもそれぞれの活躍としては物足りないのがもどかしくはある。あと今回の表紙、よいです。

みかづきマーチ(1)、(2) (アクションコミックス) / 山田 はまち

部活物で主役がトランペット奏者だったので、吹部の娘に読ませようと思って買ってみた。既存の部活漫画やアニメで見た展開が色々入ってきていて、顧問や先輩キャラにも既視感あるけど、それだけにジャンル物の王道行ってて面白い。劇画の迫力と今時の柔らか…

吾峠呼世晴短編集 (ジャンプコミックス) / 小峠呼世晴

4作ともそれぞれ面白かった。バトル漫画で、評判良ければそのままキャラクター物として連載可能という、いかにも昔ながらのジャンプ系漫画のフォーマットで構成されていながら、通常のジャンプ漫画と違う異物感に昔の荒木飛呂彦の短編集と似た物を感じた。『…

むすんで、つないで。 (1) (まんがタイムKRコミックス) / 荒井チェリー

ゆるふわな日常系と思わせておいて過剰に設定を詰め込んだサイコでSFで百合な面白さがてんこ盛りの作品だった。起こっている事象だけ見ると諸星大二郎チックでホラーな状況なのに、日常系四コマギャグマンガとして成立しているのが不思議な感覚だった。色々…

ぼくたちは勉強ができない 18 (ジャンプコミックス) / 筒井 大志

マルチエンド編(?)、各ヒロイン単行本一冊ずつというペースなのかな。ということはあと三冊分?作品としてどこで完結と見ればいいのかとか色々考えちゃうが、ファンサービスとして有難いのて引っ張れるだけ引き伸ばしてやって欲しいな。

虫と歌 市川春子作品集 (アフタヌーンKC) / 市川 春子

シリアスな物語に対してキャラクターたちが一歩引いた呑気さを漂わせている距離感が市川春子作品独特の魅力で、生命を得た無機物や虫といった〈人間では無いもの〉と人間を対比してみせたり、存在そのものの劇的なメタモルフォーゼがどの作品でも核になるな…

25時のバカンス 市川春子作品集(2) (アフタヌーンKC) / 市川 春子

『宝石の国』での、主人公フォスが文字通り心も身体も別の存在に変化して、それでも主人公であり続ける革新的な展開を、この短編集の表題作で既にやっていた。通常の少年マンガでは状況や立場が変化しようとも主人公の変わらなさ、ブレなさを軸に物語が展開…

ぼくたちは勉強ができない 17 (ジャンプコミックス) / 筒井 大志

楽しかった。あんまり綺麗に終わってるからホントはここで完結でいいんじゃないかというのは当然あるものの、次巻以降の超展開はうっかりネットで見ちゃってたし、やはり終わらせてほしくないので納得ではある。それに決着をつけないことでモラトリアムな時…

僕の心のヤバイやつ【特装版】(3) (少年チャンピオン・コミックス) / 桜井のりお

面白いと言われて読んだら凄い面白かった。鬱キャラの妄想を具現化したファンタジーなのに、丁寧に関係性を積み重ねているから作品世界に嘘臭さを感じないし、登場人物全員が基本的に善人で、主人公2人がとても可愛いのが良い。何よりキャラクターの作り方上…

citrus +(2)特装版 (百合姫コミックス) / サブロウタ

後日譚的なシリーズかと思いきや普通に本編から地続きで進行していて、2巻では新キャラも出てくるし、しかも着地点が分かってるだけに過剰なストレスなく楽しめるという最高なシリーズ。相変わらずコマ移動しながらの心理描写が上手くて凄い。登場キャラ全員…

今日、小柴葵に会えたら。 (2) (REXコミックス) / 原作・竹岡 葉月、漫画・ フライ

雰囲気重視と構成のあざとさが気になりつつも、そんな部分こそ、この手の作品を読む楽しみを突いているとも言えるし、キャラクターの絵柄も綺麗なので楽しく読んだ。とは言え高校入学時にキャラを変更してカースト上位に入り込む打算的な性格なのに天然気味…

宝石の国 11 特装版(プレミアムKC ) / 市川春子

もうホントにヤバい。とりあえず読み終わったあと、娘と、これはアニメ2期やるの難しいよね〜という感想を交わす。安定したキャラクターに逃げたり安心の物語でお茶を濁したりもしない冷徹で壮大なSFを、それでも相変わらずのチャーミングさとユーモアを保…

徒然日和 全3巻(百合姫コミックス) / 土室 圭

絵、凄い上手い。キャラクターもいい。んで面白い。丁寧な手描きの積み重ねの日常描写をずっと眺めていたくなるのに、3巻で完結してるとは…。足りない。設定やキャラの配置とか、ちょっと『のんのんびより』っぽいのかなとか思って読み始めたけど、全然オリ…

ストロベリー・フィールズをもう一度(全3巻) (電撃コミックスNEXT) / 木野咲 カズラ

百合だから面白いのかSFだから面白いのか、多分両方なんだろうな、という個人的に非常に有難い漫画で、全3巻で綺麗に完結してるのも嬉しい。キャラクターも可愛いかった。やろうと思えばもっとハードなSFに行けるし、この展開なら人間関係ももっとドロドロに…

まんがの作り方 全8巻 (リュウコミックス) / 平尾 アウリ

『推しブドウ』が面白いんで過去作品にも手を出してしまったが、面白かった。決して予定調和的には物語が熱を帯びていかず、独特の平熱感が最後まで徹底していて、主人公の川口さんと森下さんの関係性の心地よさで作られた世界を眺めて楽しむことに特化した…

うちのメイドがウザすぎる!(6) / 中村 カンコ

新キャラ投入や方向性不明なおばさんキャラ掘り下げ回など物語世界がじわじわと拡張しつつも要所要所でほっこりさせる(でもウェットに寄りすぎない)王道展開で安定の面白さ。しかし今巻で作品世界の時間が進行することが示されてしまったということは、い…

やがて君になる(8) (電撃コミックスNEXT) / 仲谷 鳰

コミックスでまとめて読む派としては前巻の終わり方から一体どう展開させるんだとヤキモキしていたんだけど、そこはもう冒頭で決着をつけて、あとはゆったりとエピローグを紡いでエンディングを迎えるという体裁で、そんなふうにゆるやかな幕の引き方も『や…

彼方のアストラ 全5巻  / 篠原健太

ひょっとしたら今でも沢山描かれているのかも知れないけど久々に王道の少年漫画を読んでいる感覚があって、しかもマインドが『スタートレック』なので凄く楽しかった。キャラクターも魅力的だし絵も綺麗。アニメ版はかなり忠実に映像化してたんだな、という…

ハイスコアガール(10)(完) (ビッグガンガンコミックススーパー) / 押切 蓮介

恋が成就したら終わりなラブコメの宿命を負って終盤はわりと同じ周回軌道を回っていくのかな、というムードが漂い出したところで非現実キャラたちがページを埋め尽くすこの作品ならではの盛り上がりとキャラが文字通り疾走していく熱量で大団円に突入、終わ…

邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん Season2 (ホーム社書籍扱コミックス) / 服部 昇大

B級作品への愛ある(ようで辛辣さも含んだ)着眼点がどれも凄いし、映子さんがキュート。で、今巻のハイライトは『ママレードボーイ』の回だなー。多分というか絶対映画本編より面白いやろ、という。楽しい。