読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

葛城事件 (2016)

映画(劇場)

    親から継いだ金物屋を経営する葛城清(三浦友和)は妻・伸子(南果歩)、長男・保(新井浩文)、次男・稔(若葉竜也)を得て、理想の家族像を築き上げようと暮らしてきたが、その思いはいつしか抑圧と支配に変わり、家族は崩壊して遂には稔が無差別殺人事件を起こすに至る。死刑判決を受けた稔と死刑制度廃止を訴える信念から獄中結婚した女・星野(田中麗奈)は犯行へ至る家族の歩みを稔と清から聞き出していくのだが…。監督・脚本赤堀雅秋、撮影月永雄太、音楽窪田ミナ

 

f:id:yudutarou:20160812152326j:image


   日常の中で気づかない(振りをしている)嫌な部分をグリグリえぐり出し続けるキツイ映画だった。それを言っちゃお終いよ、という日常の中で無意識に避けて通る部分をことこどく剥き出しにしていく。通常ならコメディとしてやり過ごす瞬間がそこへ転化出来ない僅かな掛け違いによって絶望へと落ちていく辛さが満載。

 

f:id:yudutarou:20160812152340j:image

 

   三浦友和演じる父親はどうしようも無い人間だが、どこにでもいるし自分の中にも存在するようなリアリティで、それは他の葛城家の面々も同様で凄く怖い。狂気へ至る要素が日常と隣接している恐怖と、日常と隣り合わせでありながらもあちら側へ到達してしまった人間には安易な理解や共感が届かない絶望感も詰まっていた。田中麗奈が演じていた星野だけはイマイチ実在する感じが湧かなかったのだけど、狂言回しとして面白いキャラクターではあった。

 

f:id:yudutarou:20160812152357j:image

 

あと、支配したりされたりする関係性が如何に不健全なのかということを強烈に感じさせられるのは『クリーピー』にも通じていた。それにしても伸子が清に呟く台詞とか稔と清の断絶具合とか子持ちとしてはグッタリする場面のオンパレードで、そういう意味では自身を省みて日頃の言動行動に気をつけたくなる、凄く教育的な映画とも言えた。

 

f:id:yudutarou:20160812152415j:image

 

6月18日(土)公開 『葛城事件』予告編 - YouTube

 

f:id:yudutarou:20160812152531j:image