yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

女子高生の無駄づかい (9) (角川コミックス・エース) / ビーノ

バカの破壊力が落ちてるのが気になるが、ヤマイのワイ活(無料Wi-Fi探し)の話か面白かったので大丈夫。あと今巻も表紙良かった。

ヴァンピアーズ (1〜5) (サンデーGXコミックス) / アキリ

絵が綺麗なので、それだけで全然楽しく読めるし、ややホラーでイチャ百合でアクションもあるものの全体的には緩く進行していくのも心地いい。この綺麗でまったりした世界にずっと浸りたくなってしまうので、物語の方向性によっては、いつでもシリアスな展開…

数学ゴールデン 1、2(ヤングアニマルコミックス) / 藏丸竜彦

数学大好きな長女が読むかな?と思って購入したけど、熱血部活物として面白かった。絵のタッチのラフな感じも内容に合っているし、あまり理解出来ないところの多い数学に傾倒するキャラクターたちの思考回路も知らないものをのぞき見る感覚で楽しめた。

AJICO / 接続

20年ぶりぐらいの再活動だそうで…。時間の流れが早すぎてびびるが、鳴ってる音は全くブランクを感じさせない上にちゃんと今の音だった。4曲とも良かったし、より自然体な感じが復活前よりも好きかも。 https://youtu.be/D8B5WzbenSU 発売日:2021/5/26 収録…

Koji Shibuya / Lots of Birds

yumboでは感じることがなかった70年代のシンガーソングライターを想起させるようなメロディの楽曲は、どこか異邦人の寂寥を感じさせるところを含めてボウイっぽくもあって、バンドとはまた違ったアプローチの表現を楽しめた。とはいえ管楽器と独特の日本語と…

yumbo / 間違いの実 / The Fruit Of Errata

yumboのベスト盤。もう名曲しかないし、ちゃんとアルバム未収録曲も入れてくれてるし、当然ながらやっぱり良かった。 yumbo: The Devil Song - YouTube 発売日 2021/6/4 収録楽曲 1 九月の歌 / September Song2 家 / A House 3 間違いの実 / The Fruit of Er…

映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチ(2021年・日)

幼少時から群を抜いた身体能力とテクニックを活かし地元サッカークラブで活躍してきた恩田希(島袋美由利)は、中学生になり仲間のテツ(内山昂輝)やタケ(逢坂良太)とサッカー部に入部したが、性別による身体差と顧問の方針によって公式戦に出してもらえ…

ウィッチウォッチ 1 (ジャンプコミックス) / 篠原 健太

魔女っ子と異能を持った男の子(ともに美形)のラブコメという売れそうな線を色々引っ張ってきた感がある設定なんだけど実際楽しかった。モノローグで実験的な遊びを入れてきたり、突然主人公にヴィンテージ趣味を開陳させたり、ただ既定の売れ線でまとめよ…

やったねたえちゃん! 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ) / カワディ MAX

ちょっとバイオレンスきつ過ぎて、子供はあんまり見ないで〜(見ないだろうけど)と思いつつ突飛なアイデア溢れるアクションの連続に今巻も楽しませてもらった。今後、このやり過ぎてギャグに昇華される暴力描写がアクションとしての面白味より露悪趣味にバ…

ブラック・ユーモア選集〈1〉幻の下宿人(早川書房)/ローラン・トポール著、榊原晃三訳

久々に読書しながらヤバい、ヤバいよ〜と興奮。ローラン・トポールが誰なのか分かってなかったが、表題作の『幻の下宿人』を読んでいて、なんか知ってる話だと思ったらポランスキーの『テナント』の原作だった。というかトポールはヘルツォークの『ノスフェ…

ワシントン・スクエアの謎 (論創海外ミステリ)/ ハリー・スティーヴン・キーラー 著、井伊順彦 訳

貰っていたので前情報皆無で読み始めたら偶然が偶然を(無理矢理)呼ぶ御都合主義と、推理する行為が好きな読者なら怒りそうな展開にナニコレという気分にもなったが(あとからこの作者はそういう人として、その筋では有名と知った…)、主人公が事件に巻き込…

流 (講談社文庫) / 東山彰良

青春小説としても台湾の一時代を切り取ったドキュメントとしても面白かったが、何より主人公の見る景色や経験がまるで作者の実体験のようなリアリティで迫ってきて、そこに幻想的な光景が違和感なく入り込んでくる様が小説を読む醍醐味を存分に味あわせてく…

POLYSICS / 走れ!with ヤマサキセイヤ(キュウソネコカミ) [CD+DVD]<初回生産限定盤>

あんまりポリシックスっぽくはない、普通にいい曲。せっかくアニメ主題歌だから売れて欲しい。しかしカップリングがけっこうカオスで、この振り幅はポリらしいと言えばらしい…。 POLYSICS 『走れ! with ヤマサキセイヤ(キュウソネコカミ)』 - YouTube 発…

おーるどにゅーすぺーぱー / スクーーープ!!

抜群のポップセンスに溢れたメロディとトラック、そこに乗っかるラップもボーカルも気持ちいい。最高です。 おーるどにゅーすぺーぱー / はじめまして東京 -Official Music Video- - YouTube 発売日:2021/2/24 収録楽曲 1. はじめまして東京 2. OFF! 3. 宇…

怪獣8号 2 (ジャンプコミックス) / 松本 直也

1巻ではどんな方向に向かうのかまだよく分からなかったけど、これはもう、ストレートにジャンプ的王道バトル漫画で、最近はこの系統を読み慣れているのもあって楽しく読んだ。画力と魅力的なキャラクターでサクサク展開しながらも明かされない謎もあって物語…

高い城の男(ハヤカワ・SF・シリーズ) /フィリップ・K.ディック 著、浅倉久志 訳

ディックの代表作のひとつというのに初めてちゃんと読んだ。本物と紛い物というモチーフが作中のアイテムのみならず物語世界の存在自体にも仕掛けてあって、全編をリアルの不確かさが覆い尽くす感覚がハードボイルドな雰囲気と併せていかにもディック的で、…

citrus +(3)特装版 (百合姫コミックス) / サブロウタ

ちょっと重めの展開になるかと思いきやあっさり解決、番外編的キャラクターの馴れ合いがひたすら続いて、とても楽しい…。ずっとやってて欲しいです。

フォマルハウトの三つの燭台〈倭篇〉(講談社) / 神林 長平

いつも通りに言葉と世界を題材として扱いつつもアニメ化されてもおかしくなさそうなキャラクター(ニートの中年だけど)が登場して軽妙な掛け合いが楽しめる作りは久しぶり。当然面白かった。キャラも立ってるし、サブタイトル(?)に〈倭篇〉と謳ってて、『…

ピリアーとエロスのあいだ(全2巻)/ 寄田みゆき

作画での表情の描き方だったり、物語の原動力が互いの微妙な感情の差異からくるもどかしさだったりと伝統的な少女漫画の面白さで楽しく読めるところにタイトル通りのテーマが繊細に描かれていて、百合ジャンルならではの面白さもあった。あと主人公の友達(…

チェンソーマン 11 (ジャンプコミックス) / 藤本 タツキ

終わってしまった。一応、第一部完となってるけど、もう終わりでいいんじゃないかっていうぐらいにはちゃんと終わってた。かなりお腹いっぱいなので、のんびりと再開して欲しい。

Julien Baker / Little Oblivions

より色彩豊かになったプロダクションと丁寧な歌唱で洗練度の増した充実のアルバムだった。個人的には張り詰めてエモ過ぎる前作が超好きだったので、あんまり洗練されなくても良かったんだけど、とも思ったんだけど、聴き込むほどに音の深みにハマってきて、…

weezer / OK Human

ただでさえリリースしてくれるだけで嬉しいのに『Van weezer』が発売延期になって、うーってなってたので、より嬉しい。ピアノ前面のアルバムで、ホントは次のギターメイン(多分)の作品と折衷してくれたらもっと最高なんだろうけど、それじゃピンカートン…

たとえとどかぬ糸だとしても(全七巻)(百合姫コミックス) / tMnR

暗くて報われない展開がゆっくり7巻分続いたんだけど、どうやっても成就しそうにない関係性をどこへ着地させるんだよっていう興味と、基本的には明るい登場人物のキャラクターのおかげで楽しく読み通せた。イチャイチャしてる作品ばかり読むのもな〜、という…

新感染半島 ファイナル・ステージ (2020年・韓)

人がゾンビ化するウイルスが蔓延し、壊滅状態となった韓国からを香港へ逃げ延びていた元軍人ジョンソク(カン・ドンウォン)は現地の裏社会から大金の積み込まれたトラックの回収を依頼されて半島へと渡るが、感染者やソ大尉(ク・ギョファン)とファン軍曹…

チェンソーマン 10 (ジャンプコミックス) /藤本 タツキ

後半から人物の相関関係はもとより物語の展開自体よく分からん!となっていくのに勢いがあり過ぎてあんまり気にならない。というか、果たして後々分かりやすく説明してくれるのか、くれないのか、パワ子は?みたいな感じで不明瞭な部分も面白味になっていて…

2020年間ベスト

2020年はコロナもあったし、前年より更に観たり聴いたりする機会が減少、逆にテレビアニメと漫画の消費量が増加した感じだった。というわけで年間ベストを選ぶほどの数も無かったんだけど、やっぱり後から振り返った時さみしいので、一応選んでみた。 音楽ベ…

TENET テネット (2020年・米)

未来から過去へと時間が逆行する事象による人類滅亡の危機を回避するため、ある組織にスカウトされた男(ジョン・デビッド・ワシントン)は協力者ニール(ロバート・パティンソン)とともに、時間を逆行する武器を取り扱うなど事態に関与していると思われる…

海辺の映画館 キネマの玉手箱 (2019年・日)

尾道の海辺にある小さな映画館、「瀬戸内キネマ」の最後のオールナイト興行「日本の戦争映画大特集」を見ていた鞠男(厚木拓郎)、鳳介(細山田隆人)、茂(細田善彦)の3人の若者は、劇場を襲った稲妻の閃光に包まれてスクリーンの世界へと入り込み、近代の…

ラストレター (2020年・日)

姉・未咲が亡くなったことを知らせるつもりで赴いた姉の同窓会会場で裕里(松たか子)は初恋の相手、鏡史郎(福山雅治)と再会する。成り行きで自分を美咲と勘違いされた裕里は誤解を解かないまま、彼に手紙を送り始める。一方、鏡史郎の返信は未咲宛で実家…

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン (2020年・日)

戦うことしか知らなかった少女ヴァイオレット・エヴァーガーデン(石川由依)は戦争終結後、手紙の代筆を行う「自動手記人形」として元軍人のホッジンズ(子安武人)の経営するC.H郵便社で働いていた。戦いで負った心の傷も少しずつ癒えてきたヴァイオレット…