読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

ナイトクローラー (2014)

   並外れた上昇志向を持て余しながら職にも就けず、盗んだ金網やマンホールを換金して生活していた青年ルー(ジェイク・ギレンホール)は事故現場で偶然見かけたスクープカメラマンの存在を知り、ネットで収集した知識を使って自らもその道へと入っていく。低視聴率に悩むテレビ局のディレクター・ニナ(レネ・ルッソ)と協力関係を築き、無職の若者リック(リズ・アーメッド)を助手として雇い入れ、次々とスクープ映像を獲得していくルーだったが、その行動は加速度的にエスカレートしていき…。監督、脚本ダン・ギルロイ

f:id:yudutarou:20150901135143j:image

   ブラック企業誕生篇というような映画で、アメリカでもやっぱりサイコパスが新興企業を立ち上げてぶいぶい言わせてるのかとゲンナリさせられつつもジェイク・ギレンホールの悪漢ぶりで楽しませてもらった。

f:id:yudutarou:20150901135158j:image

   主要人物3人のキャラクターと関係性で貧困やメディアの病理、現代的な組織の成り立ちなど多層的なテーマを見せつつサスペンスフルなエンターテインメントに仕立てた語り口は上手いが、終わってみると確かに今ってこういう状況だよね、とは思うもののそれ以上のものはないという映画ではある。しかし単純にサイコパス観察ホラーと割り切って観れば面白かった。

f:id:yudutarou:20150901135555p:image

    全篇警察24時風のハイテンションなドキュメンタリータッチで進行していき、俳優たちの熱演もあって観ている間は引き込まれたが、ジェイク・ギレンホールの髪を束ねる小芝居や、カメラマンとして一線を越える場面でカメラを奉るかのように高く掲げた姿の象徴的な使い方など、ちょっとわざとらしくて鼻につく部分もあった。

f:id:yudutarou:20150901135611j:image

    ジェイク・ギレンホール演ずる主人公ルーはどこか『タクシードライバー』のトラヴィスの現代版を思わせる部分もあり、現代的悪党の立身出世伝という物語は『ウルフ・オブ・ウォールストリート』的とも言える。しかしスコセッシ作品のように善悪を超越して映画としての普遍性まで獲得するということはなく、狂気だけをドキュメンタリー的に映し出したところが現代的であり本作の特色にも思えた。と同時に映画として物足りなさも感じる部分でもあったが。それにしてもジェイク・ギレンホールは確実に大物への階段を登っている感じがあるな〜。


f:id:yudutarou:20150901134622j:image