読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦 (2009)

    鬼退治の伝説が残る田舎町に越して来た少年ユウ(沢木ルカ)は自然に恵まれた環境やクラスメイト達にも馴染めず、亡き母と暮らした東京へ戻りたいと願っていた。そんなある日、時空の歪みによって過去からやってきたオニたちに襲われるが、「時の列車」デンライナーに乗った野上良太郎溝口琢矢)ら仮面ライダー一行に救われ、過去の鬼退治へ向かう彼らと同行することになるのだが…。監督田崎竜太、脚本小林靖子、 特撮監督佛田洋、音楽佐橋俊彦

f:id:yudutarou:20150903160449p:image

    仮面ライダー電王って仮面ライダーがちゃちなCGの電車に乗っている子供騙しのシリーズだろう、という勝手な先入観を持っていたんだが、凄い楽しかった…。

f:id:yudutarou:20150903160506p:image

    設定はおろか誰が仮面ライダーなのかもよく分からないままに見始めて、結局ラストまで理解出来なかったのだが、どうも時間跳躍や時空の歪みなど色々あって今作の初期状態になっているらしいというところに勝手に奥行きを感じて面白がっていたというのもある。

f:id:yudutarou:20150903160605p:image

    あと設定は分からずとも現代と過去の両方で鬼と仮面ライダーが戦っているというストーリーはシンプルなので、初心者にも分かりやすくて助かった。そのシンプルな物語の軸となるのがユウという少年の成長譚で、演じているのが沢木ルカという女の子なのも爽やかでいい。コハナ役の松元環季溝口琢矢など他の子役も良くて、全体的に少年冒険映画テイスト色濃く楽しかった。

f:id:yudutarou:20150903160627p:image

     他のキャストでは敵役の鬼兄弟を篠井英介柳沢慎吾が演じていて、お約束として柳沢慎吾が『あばよ』を言わされているのだが、それ、この前見た『仮面ライダードライブ』の映画でも言ってたな…。『ドライブ』での『あばよ』は今作を受けての台詞だったのか、とりあえず柳沢慎吾を出したら言わせとけということなのか。そもそも今の子供たちに『あばよ』がギャグとして通用するのかという素朴な疑問も浮かぶが…。

f:id:yudutarou:20150903160702p:image


     あと見どころとしては冒頭の田舎町で展開するアクションが新鮮で、いつもの街中や荒地ではない場所で異形の人物たちが走り回る画面は映画ならではの特別な味わいがあった。そしてそこに登場するCG電車。バカにしていたのに長閑な田舎町の中空にレールを敷いて現れてくるCG電車を背景にした景色はSF的情緒があって良かったよ…。やはり先入観はよくないとあらためて思い知らされた。


f:id:yudutarou:20150903154451j:image