読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

ヘイトフル・エイト (2015)

    南北戦争終結数年後のワイオミング州の山中、賞金稼ぎのジョン・ルースカート・ラッセル)は駅馬車をチャーターして賞金首のデイジー(ジェニファー・ジェイソン・リー)をレッドロックの町へ連行していたが、猛吹雪で進めなくなり、途中で馬車に同乗してきた賞金稼ぎのウォーレン少佐(サミュエル・L・ジャクソン)、レッドロックの新任保安官クリス(ウォルトン・ゴギンズ)とともに馴染みのミニーの店に避難することとなった。しかしミニーは不在で、店をまかされたというメキシコ人ボブ(デミアン・ビチル)と死刑執行役人モブレー(ティム・ロス)、カウボーイのゲージ(マイケル・マドセン)、南軍の元将軍スミザーズ(ブルース・ダーン)という怪しげな先客達が店内にいた。雪に閉ざされ密室となったロッジの中で8人の男女の思惑が錯綜する。監督脚本クエンティン・タランティーノ、撮影ロバート・リチャードソン、音楽エンニオ・モリコーネ

f:id:yudutarou:20160406134439j:image

    吹き荒ぶ雪原で「殺しが静かにやってくる」的西部劇が展開されるかと思いきや「遊星からの物体X」みたいなことになっていく、いつも通りにジャンルを軽々と飛び越えてしまう感覚が楽しかったが、会話劇はより洗練されていたし、タランティーノ組総登場もあって、より進化したタランティーノ映画という趣きも感じた。

f:id:yudutarou:20160406134459j:image

    で、あまり西部劇という印象は無かったのだけど、モリコーネの劇伴で男声コーラスが入ってきた瞬間には西部劇感が押し寄せてきて、ぬおーっと盛り上がった。

f:id:yudutarou:20160406134509j:image

    密室ミステリーという宣伝文句で、そういうものとしては反則気味なプロットだと思ったが、冒頭クレジットで種明かしというか伏線を張ってるということでセーフなのかな。

f:id:yudutarou:20160406134524j:image

   デイジーに対するDV臭満載の振る舞いや幕切れの不快さなどモラル的にはちょっと引いたが、タランティーノは映画内世界の構築さえ出来ていればあとは多分どうでもいいというネジが外れた人間だから仕方ないかな、ぐらいにも思った。デイジーの過去の所業は明らかにされていないものの劇中での行為で十分に罰せられるに値すると見ることも出来るし、幕切れに関しては結局誰も赦しの境地には達していないという現代的な提示と思えないこともない、というのもあった。

f:id:yudutarou:20160406134539j:image

    あと日本では70㎜での上映を観ることができないというのがあって、確かにオリジナル版で観たいというのはあったけど、作品自体が特別なフィルムを必要としたというよりは、単にやってみたいとか箔を付けたいという部分がデカイのではないかとも思えるので、まあ別に今回のバージョンでもいいかなという気もした。タランティーノ自身がビデオで名作観まくってた世代だし。

f:id:yudutarou:20160406134600j:image


f:id:yudutarou:20160406134627j:image