yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

散歩する侵略者 (2017・日)

    数日間行方知れずだった不仲の夫・真治(松田龍平)が魂が抜けた別人のようになって家へと戻ってきて戸惑う妻の鳴海(長澤まさみ)。しかし生まれ変わったように穏やかになった真治との関係は再構築されていき、2人の間には再び愛情が芽生え始める。同じ頃、とある一家惨殺事件が発生し、その生き残りの少女あきら(恒松祐里)が謎の少年・天野(高杉真宙)と行動をともにしていたが、その周辺では不可解な現象が続発していた。彼らに密着取材を行うジャーナリスト・桜井(長谷川博己)は天野達から自分達が地球を侵略しに来た宇宙人であることを告げられる。一方鳴海も真治から自分が真治の身体を乗っ取った侵略者であることを告白されるのだが…。
監督・脚本:黒沢清、原作:前川知大、脚本:田中幸子、音楽:林祐介、撮影:芦澤明子、美術:安宅紀史、照明:永田英則、編集:高橋幸一。

 

f:id:yudutarou:20171211144821j:image


   小さな町で起こった事件をやり過ぎなほどの演出と音楽でクローズアップしていく前半部分から実相寺回のウルトラセブンのような怪奇ドラマのムードが漂っていて非常に楽しく、普通に今時のSF映画と思って見ていたらなんじゃこりゃ、となる可能性高いし実際に珍品でもあったけど、原作付きでありながらもかなり黒沢清らしい映画になっていて凄く面白かった。

 

f:id:yudutarou:20171211144837j:image


    役者に関しては宇宙人のキャスティングが良くて、とりあえず松田龍平はいつものままで宇宙人だった。他の宇宙人2人、「仮面ライダー鎧武」でいい味出してた高杉真宙は不気味と無邪気さが張り付いたような顔付きで人間以外の存在感が出ていたし、恒松祐里は身体能力の高さに超人感があった。あとちょっとだけ出てきた前田敦子も良かったし、政府の人間役で出てきた笹野高史は「クリーピー」に引き続きの印象もあって、登場の瞬間から笑えた。

 

f:id:yudutarou:20171211144849j:image

 

   しかし役者で、というより映画として一番良かったのは長澤まさみで、長澤まさみ史上最高だったんじゃないか、と思った。ほぼ全篇ぷんぷん怒ってるだけなのに魅力的というのは何なんだろう。普通の人がイライラ怒ってたら気分悪いのだけなのに。『ツインピークスリターン』のナオミ・ワッツと並んでぷんぷん演技が可愛くて最高だった。

 

f:id:yudutarou:20171211144900j:image


    あと、『リアル』でかなり気合い入れて恐竜作り込んだりしていたからCGで非現実を描くこと自体に興味が無いわけではないと思うのだが、宇宙人侵略場面はかなり安っぽくて、そこは味があるとも言えなくはないけど、黒沢清の本気の終末映像を見せて欲しいとは思った。

 

f:id:yudutarou:20171211144915j:image

 

    それとWOWOWでやったスピンオフというかサイドストーリーのドラマ版『予兆 散歩する侵略者』も観た。こちらはよりホラー、サスペンス要素が強めで、より黒沢清テイスト全開という感じになっていて、2話辺りまでこちらの方が面白いのでは?と思ったが、主演2人(染谷将太夏帆)の熱演が抑制的な演出と合わなく感じたり、物語の展開そのものが主軸になっていたりで段々と興味が薄れてしまって、『散歩する侵略者』の面白さの肝が長澤まさみ松田龍平の夫婦漫才にあったことを改めて認識することになった。

 

f:id:yudutarou:20171211144928j:image

 

【動画】映画『散歩する侵略者』予告編 - YouTube

 

f:id:yudutarou:20171211145036j:image

 

POLYSICS / That's Fantastic!

   『ダンス グミグミ』みたいなポップ路線の甘口曲もあるけど、ほぼひたすらバキバキで前衛的なナンバー揃い、なのにちゃんとメジャーアルバムとして聴けちゃう。相変わらずオンリーワンだし、またしても臨界点超えたアルバムだった。

POLYSICS 『That's Fantastic!』 - YouTube

f:id:yudutarou:20171206143859j:image

 

発売日 2017/11/29
収録楽曲
1.That’s Fantastic!
2.Crazy My Bone
3.Cock-A-Doodle-Doo
4.ルンバルンバ
5.Sea Foo
6.Pretty UMA
7.Shut Up Baby
8.Toisu Non Stop
9.You Talk Too Much
10.I Have No Idea
11.Ga Ga Ga Ga Gaping
12.ダンス グミグミ
13.ロックンロー

三度目の殺人 (2017・日)

    町工場の社長殺害容疑で逮捕された工場の元従業員で殺人の前科者である三隅(役所広司)の弁護を担当することになった重盛(福山雅治)は同僚の摂津(吉田鋼太郎)、川島(満島真之介)とともに面会を重ねる。しかし犯行を自白していた三隅の供述には一貫性が無く内容も二転三転し、被害者の妻(斉藤由貴)や娘(広瀬すず)への聞き取りも逆に事件の真相を不明瞭にしていく。真実の探求ではなく裁判を戦う為の合理性を重んじてきた重盛はいつしか三隅の底知れぬ闇に引き込まれ、真実を知りたいと考え始めるのだが…。
原案・監督・脚本・編集:是枝裕和、撮影:瀧本幹也美術監督種田陽平、音楽:ルドヴィコ・エイナウディ

 

f:id:yudutarou:20171206142731j:image

 

    取り調べの不可視や自白偏重を始めとした司法制度の問題点を浮き彫りにしつつも娯楽映画として飽きさせない仕掛けが随所にあって、人間はどこまで行っても他者を理解することは不可能、それを前提とした上で法治が運用されるべきだという真っ当な主張をちゃんとエンターテイメント作品として提示した是枝監督らしい真面目な映画だった。

 

f:id:yudutarou:20171206142750j:image


    馴染みの有名俳優の大量投入は作品を派手にする効果をもたらしつつそれぞれが流石の演技力を見せていて見応えがあった。特に福山雅治の使い方は『そして父になる』に続いてハマっていた。しかし容疑者に接見する場面で福山雅治吉田鋼太郎満島真之介、そしてガラス越しに役所広司と並んでいるのはテレビ的お茶の間感が凄すぎて、個人的にはもう少し新鮮な顔ぶれが見たいとは思った。

 

f:id:yudutarou:20171206142805j:image


    物語はミステリ的展開で引き込みつつ最終的には梯子を外して謎解きを肩透かしにすることで相互理解の幻想を露わにし、法の重要さをクローズアップさせる仕組みになっていて、他人のことは分からないという身もふたもない現実を提示しながらもシニカルにならない姿勢でそれを描く手腕は是枝監督ならではだった。ミステリ的展開に興味が向かい過ぎてテーマが見えづらい気もしたけど、逆にこちら側を信用して映画を作ってくれている感じもした。あと、楽しみにしてた広瀬すず以上に検事役の市川実日子が良かった。

 

f:id:yudutarou:20171206142823j:image

 

映画『三度目の殺人』予告編 - YouTube

 

f:id:yudutarou:20171206142918j:image

 

weezer / pacific daydream

    新しいアルバム出る度に言ってる気がするが、weezerは作品出してくれるだけで有難いのでそれだけでとりあえず嬉しい。で今作は珍しくストレートにビートルズ風だったりする部分などがありつつも最近の大物アーティストの作品と同様にアレンジや音色が思いっきり時代に迎合した仕様になっていたんだけど、何をやってもweezerにしかならないリヴァースの声とメロディという強烈な個性のおかげでやっぱりweezerの作品として楽しく聴けてしまった。

 

Weezer - Mexican Fender - YouTube

f:id:yudutarou:20171202124407j:image


発売日 2017/10/27
収録楽曲
1. Mexican Fender
2. Beach Boys
3. Feels Like Summer
4. Happy Hour
5. Weekend Woman
6. QB Blitz
7. Sweet Mary
8. Get Right
9. Mancha Screwjob, La
10. Any Friend of Diane's
11.Feels Like Summer(Acoustic)※bonus track

Courtney Barnett & Kurt Vile / Lotta Sea Lice

    企画モノだし緩い感じかなと思っていたら凄く良かった。この作品の為のカート曲はキャッチャーなメロディーが際立っていたし、カヴァーの選曲もハマっていた。2人の相性の良さはもちろんだけど他の参加メンバーの演奏も良くて、くつろいだ雰囲気でありつつ引き締まってユルくない絶妙な気持ち良さだった。

 

Courtney Barnett & Kurt Vile - Over Everything (Official Video) - YouTube

f:id:yudutarou:20171202095402j:image


発売日 2017/10/13
収録楽曲
1. Over Everything
2. Let It Go
3. Fear Is Like A Forest
4. Outta The Woodwork
5. Continental Breakfast
6. On Script
7. Blue Cheese
8. Peepin Tom
9. Untogether

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール (2017・日)

   奥田民生に憧れる雑誌編集者のコーロキ(妻夫木聡)は畑違いのライフスタイル雑誌編集部に異動となり戸惑う日々だったが、一目惚れした取引先のファッションプレスの美女、天海あかり(水原希子)と付き合うことになって俄然やる気を出し、編集長木下(松尾スズキ)の助力もあって倖田(リリー・フランキー)や美上(安藤サクラ)といった曲者揃いのライターとの仕事をこなしていく。しかし会う度に目まぐるしく性格や気分が変化するあかりに振り回され、何か企んでいるらしいあかりの元カレで先輩編集者の吉住(新井浩文)のことも気になるなど奥田民生のように飄々とはなかなか生きていけないのだった…。

監督・脚本:大根仁、原作:渋谷直角、撮影:宮本亘、美術:都築雄二、スタイリスト:伊賀大介、音楽:岩崎太整

 

f:id:yudutarou:20171201014647j:image


   本当の奥田民生には何も思うところはないけど、そのパプリックイメージとそれに憧れるメンタリティは嫌いなので一体どんな内容の映画だろうと思って観たけれど、あんまり奥田民生は関係無くて、それよりも序盤で話題を振っておいて最後に寄り目ギャグに帰結させる志村けんへのこだわりが印象に残るなかなか謎の展開の映画だった。

 

f:id:yudutarou:20171201014710j:image


    物語自体はキャラクターありきのテレビドラマみたいで、犯人探し的展開もキャスティングの時点でネタバレ甚だしかったが、あるあるネタと役者の演技は楽しかった。特に新井浩文はどんな役やっても何やってもハマるのが凄いと思ったし、水原希子も良かった。ただ水原希子のキャラクターは主人公の幼い視点からはミステリアスな存在であっても俯瞰で見ればちゃんと何かを考えている血の通った人間として描いてくれないと最後までタダの嫌なやつ、もしくは狂人としか思えないので、全く理解不能のサイコパス扱いにしてホラーにするつもりだったなら別だけど、そこはどうにかして欲しかったし、せっかくの水原希子の熱演が勿体無いと思った。

 

f:id:yudutarou:20171201014723j:image

 

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』予告編 - YouTube

 

f:id:yudutarou:20171201014843j:image

 

Julien Baker / Turn Out The Lights

    最初はあまりに感情過多な歌声に苦手意識が湧いてキツく感じたのに聴く度にその声が演奏に溶け合って一個の音塊として気持ち良く響きだして、何度も繰り返し聴いてしまった。傑作です。

 

Julien Baker - "Turn Out The Lights" - YouTube

f:id:yudutarou:20171124183842j:image

 

発売日 2017/10/27
収録楽曲
1.Over
2.Appointments
3.Turn Out The Lights
4.Shadowboxing
5.Sour Breath
6.Televangelist
7.Everything That Helps You Sleep
9.Happy To Be Here
10.Hurt Less
11.Even
12.Claws In Your Back
13.Red Door -Demo- *Bonus Track for Japan
12.Funeral Pyre *Bonus Track for Japan