yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

RIDE / Weather Diaries

   ライドはリアルタイムで聴いたのが「Trantula」で、当時は野暮ったくて古臭いロックにしか聴こえなくて、あんまり好きにならなかった。そのあとシューゲイザーのバンド聴いていく中で初期作なんかを聴いて、こんなバンドだったんだと認識を改めたんだけど、その頃には既に解散、アンディ・ベルの活動もオアシス加入含めて存在感無かったので僕の中でライドはすっかり過去のバンドフォルダに入っていた。しかし何となく聴いてみたこの復活作は、過去のライドから連続していながらちゃんと今の作品として成立した傑作だった。

    英国の美青年みたいなイメージからすっかりかけ離れた内ジャケに並んだメンバーの老け具合相応にゴツい音を鳴らしつつちゃんと
初期の雰囲気も残していて、筋肉質になって初期のドリーミーな雰囲気を失くしてしまったような「Trantula」はほんとはこんな風にしたかったんではとも思った。

 

Ride - All I Want (Official video) - YouTube

 

f:id:yudutarou:20171014130200j:image

 

発売日 2017/6/16
収録楽曲
01 Lannoy Point
02 Charm Assault
03 All I Want
04 Home Is A Feeling
05 Weather Diaries
06 Rocket Silver Symphony
07 Lateral Alice
08 Cali
09 Integration Tape
10 Impermanence
11 White Sands
12 Home Is A Feeling (A Creamy Crambled Suite For A Ride)(ボーナストラック)

LCD SOUNDSYSTEM /American Dream

    なんかついこの前解散したような気がしてたけど復帰作らしい。全然変わってない。相変わらず楽しい。でもアルバムトータルでは今までになく聴きやすい気もするので売れるのも納得。

 

LCD Soundsystem - tonite - YouTube

 

f:id:yudutarou:20170927152539j:image


発売日 2017/9/1
収録楽曲
1. Oh Baby
2. Other Voices
3. I Used To
4. Change Yr Mind
5. How Do You Sleep?
6. Tonite
7. Call The Police
8. American Dream
9. Emotional Haircut
10. Black Screen

Japanese Breakfast / Soft Sounds From Another Planet

   前作での声の可愛さ、ポップなメロディーはそのままにより冴えまくったアレンジが深みを与えていてタイトル通りの桃源郷サウンド。特にM5、M10のまろやかさはたまらなかった。

 

Japanese Breakfast - Machinist (Official Video) - YouTube

Japanese Breakfast - Boyish (Official Audio) - YouTube

 

f:id:yudutarou:20170927110155j:image


発売日 2017/7/14
収録楽曲
01. Diving Woman
02. Road Head
03. Machinist
04. Planetary Ambience
05. Soft Sounds from Another Planet
06. Boyish
07. 12 Steps
08. Jimmy Fallon Big!
09. The Body Is a Blade
10. Till Death
11. This House
12. Here Come the Tubular Bells

新感染 ファイナル・エクスプレス (2016・韓)

   自己中心的な性格のファンドマネージャー、ソグ(コン・ユ)は釜山で別居中の妻に会わせる為、幼い娘スアン(キム・スアン)を連れてソウル駅から釜山行き高速鉄道KTX101号に乗り込む。しかし列車には人間を凶暴化させる謎のウィルスに感染した女が乗り込んでおり、感染は車内に爆発的に拡大していった。ソグとスアンは感染者の襲撃から生き残る為、屈強な好漢サンファン(マン・ドンソク)と妊娠中の妻ソンギョン(チョン・ユミ)、車内ではぐれた恋人ジニ(アン・ソヒ)を捜す高校生ヨングク(チェ・ウシク)らと疾走する車内を逃走するが、感染者だけでなくバス会社の常務ヨンソク(キム・ウィソン)に扇動された乗客たちとも敵対し、状況は悪化の一途をたどっていく…。

監督:ヨン・サンホ、脚本:パク・ジュソク、撮影:イ・ヒョンドク、美術:イ・モグォン、特殊メイク:クァク・テヨン、ファン・ヒョギュン、振り付け:パク・ジェイン、特殊効果:デモリッション、編集:ヤン・ジンモ、音楽:チョン・ヨンギュ。

 

f:id:yudutarou:20170926032429j:image

 

   大掛かりな仕掛けと物量を仕切って盛り上げるクオリティの高さは凄かったし、ストレートなアクションとして申し分ない映画だった。なので以下はゾンビ映画として期待してガッカリしてしまった個人的な感想。

 

f:id:yudutarou:20170926032458j:image


   まず走るゾンビは風情がないな、というのを改めて実感した。ただ今作は突っ走る列車と合わせてノンストップアクションにするなら走るゾンビのほうがマッチするだろうし、そもそも感染した人間という設定だからゾンビじゃないのかもしれないので一応納得。にしてもゾンビ(感染者)の動きがいちいちダサくて、特に時々キメるポーズがバカっぽいのはテンションが下がった。ロメロのビシッと決まったゾンビの佇まいと比較しちゃうのは酷だが、もう少し無機質の怖さを感じさせて欲しかった(死んでないけど)。

 

f:id:yudutarou:20170926032744j:image

 

   それと父娘のドラマがジャンル映画としての高まりを阻害しているように感じたが、臓物も出てこないし、巨大娯楽映画としてゾンビをやるためのギリギリのバランスということか。しかしその父娘ドラマが個人的にはあんまり響いて来なくて、他人のことを思いやらない現代人の典型的な、というより類型的なキャラクターである主人公が死線をくぐり抜けていくことで他者を慮るようになっていくという有りがちな展開はジャンル映画として妥当なストーリーだと思うが、いまいち本人には届いていないながらも主人公は初めから娘のことは大事に思っているし、物語が進行しても主人公が思いやるのは最後まで自分の延長である娘と身内化した仲間だけなので、そこでの感動的な盛り上げには涙の押し売りを感じてしまった。身内が大事なのは利己的な人間こそより強力だったりする訳で、そこを単純に愛として見せるのではなく、愛があるからこその葛藤や残酷さを合わせて見せつられるのがゾンビ映画の醍醐味だと思うんだけど。例えば感染した身内への対応を試されるとかバス会社の常務を赦すとかもっとエモーショナルな展開は可能だったと思う。

 

 f:id:yudutarou:20170926032828j:image


    でもそれはゾンビ映画を期待してのガッカリなので、ガッツ溢れるマン・ドンソクには燃えたし、バス会社常務の小物ぶりも素敵だったりとキャラクターの面白さもあったので変なこだわりを持たずに臨めば全然面白い映画だった、といういのは冒頭に書いた通りで、よりゾンビ映画的だという前作に当たるアニメーション映画『ソウル・ステーション パンデミック』は観てみたいと思った。

 

f:id:yudutarou:20170926032853j:image

 

『新感染 ファイナル・エクスプレス』予告編 - YouTube 

 

f:id:yudutarou:20170926044143j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ものんくる / 世界はここにしかないって上手に言って

    素晴らしい楽曲と圧倒的なボーカルでこれまで同様にハイクオリティな作品。今回は楽曲がコンパクトにまとまっていて、『ものんくる』らしさは少し薄まっている気もしたが、より歌謡曲とか普遍的なポップスに近づいた傑作だと思う。

 

ものんくる / ここにしかないって言って 【MV】 - YouTube

 

f:id:yudutarou:20170925171011j:image

 

収録楽曲
1.Driving Out Of Town
2.空想飛行
3.SUNNYSIDE
4.花火
5.Birthday Alone
6.ここにしかないって言って
7.時止まる街
8.二人
9.透明なセイウチ
10.最終列車 君を乗せて
11.the dawn will come

Homecomings / SYMPHONY

   欧米のバンドでも今ではほとんど見当たらないような真っ当なインディーギターポップぶりは変わらずでイイ。似たようなリフが聴こえるというのもあるけど、ピュアな爽やかさはちょっとガールズみたいで、それも良かった。

 

Homecomings "PLAY YARD SYMPHONY"(Official Music Video) - YouTube

f:id:yudutarou:20170925165631j:image

 

発売日 2017/8/5
収録楽曲
1. PLAY YARD SYMPHONY
2. SLACKER
3. PAINFUL
4. WELCOME TO MY ROOM
5. PLAY YARD SYMPHONY (BUSHMIND Remix)

 

 

台風クラブ / 初期の台風クラブ

    全曲バラエティに富んでいて楽しい。オザケンがロックンロールやってるみたいな曲もある。センスがいいのにちゃんと粗野な感じがあるのも好き。ジャケットを昔の学生風みたいなのじゃなくて、今っぽいスタイルでやってくれるともっと嬉しい。

 

発売日   2017/8/23

収録楽曲

1. 台風銀座

2. ついのすみか

3. ずる休み

4. ダンスフロアのならず者

5. 相棒

6. 春は昔

7. 42号線

8. 処暑

9. 飛・び・た・い

10. まつりのあと 

台風クラブ/台風銀座 - YouTube

台風クラブ/春は昔 - YouTube

f:id:yudutarou:20170925105804j:image