yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 (2017・米)

    ベトナム戦争が泥沼化していたニクソン政権下の1971年、ベトナム戦争を分析・記録した国防省の最高機密文書=通称「ペンタゴン・ペーパーズ」が元軍事アナリスト、ダニエル・エルズバーグ(マシュー・リス)の手により流出、NYタイムズ紙がスクープする。一方、ライバル紙のワシントン・ポスト紙は亡き夫に代わり社主となったキャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)が招聘した編集主幹ベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)や部下のベン・バグディキアン(ボブ・オデンカーク)らが文書の入手に奔走するが、キャサリンは旧知の国防長官マクナマラブルース・グリーンウッド)から文書の公開を中止するように警告を受けていた。

監督、製作:スティーヴン・スピルバーグ、脚本:リズ・ハンナ&ジョシュ・シンガー、撮影監督:ヤヌス・カミンスキー、プロダクションデザイン:リック・カーター、編集:マイケル・カーン、サラ・ブロシャー、衣装:アン・ロス、音楽:ジョン・ウィリアムズ

 

f:id:yudutarou:20180712065255j:image

 

    冒頭の機密文書流出のシークエンスでのサスペンス演出からハイレベルで、文書公開に至るキャラクターたちの熱い思いや決断を盛り上げるエンターテイメントぶりも流石だったし、シーンそれぞれが楽しくて、例えば記者のベンがコインを入れて電話を掛けるシーンなど笑っちゃうぐらいに焦燥感が演出されていて凄く良かった。

 

f:id:yudutarou:20180712065713j:image

 

    編集主幹の奥さん(サラ・ポールソン)の描き方も、映画の内容に対して古色蒼然としているのは時代設定的に仕方ないのかな、と思っているとちゃんと報道の自由、知る権利というテーマから性の平等へとテーマを拡げていく伏線になっていたりして、脚本も秀逸だった。

 

f:id:yudutarou:20180712065838j:image

 

    報道が政治家に忖度せず使命を全うすべしという今の日本にジャスト過ぎるメッセージの熱さが感動的なのはもちろん、娯楽作品としても非常に痛快で、やっぱりスピルバーグ凄いな、と当たり前のことを改めて思い知らされた。

 

f:id:yudutarou:20180712065900j:image

 

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』予告編 - YouTube

 

f:id:yudutarou:20180712070006j:image

 

 

 

レディ・プレイヤー1 (2018・米)

    2045年、荒廃した街に暮らす大多数の人々はVR世界「OASIS」での理想の人生を心の拠り所にして暮らしていた。その「OASIS」をオグデン・モロー(サイモン・ペグ)とともに創造したハリデー(マーク・ライランス)が「OASIS」に隠した3つの鍵を手にした者に「OASIS」の権利を譲るという遺言を残して死去。VR世界は謎を解明するガンターたちによる激しい争奪戦の舞台となった。現実世界では集合住宅に暮らす孤独な青年ウェイド(タイ・シェリダン)もパーシヴァルというアバターとなってそれに参加、有名プレイヤーのアルテミス(オリビア・クック)と出会い、エイチ(リナ・ウェイス)やショウ(フィリップ・チャオ)、ダイトウ(森崎ウィン)ら「OASIS」内の仲間とともに謎の解明に迫る。しかし巨大企業IOI社のソレント(ベン・メンデルゾーン)も強大な資力で遺産を狙っており、ウェイドたちを追う。さらにソレントは現実世界でも武闘派のフナーレ(ハナ・ジョン=カーメン)を使ってウェイドたちに迫り…。

監督・製作:スティーブン・スピルバーグ、脚本:ザック・ペン、原作・脚本:アーネスト・クライン、撮影:ヤヌス・カミンスキー、美術:アダム・ストックハウゼン、編集:マイケル・カーン、サラ・ブロシャー、衣装:カシア・ワリッカ=メイモン、音楽:アラン・シルベストリ。

 

f:id:yudutarou:20180711143604j:image

 

   オタクカルチャーが題材なだけに色々細かな不満は出るけど、とにかくイベントとしてお腹いっぱい、ご馳走さまでしたとしか言いようがない映画だった。端々に本編とは関係ないキャラクターをチョイ見せさせたり、よく観ないと気づかない、一度見では分からない仕掛けがふんだんに盛り込まれていて、それを見つけてニヤリとさせて、分かる、分かるよと満足させてオタクを気持ち良くさせる構造に見事に絡め取られて喜んでしまったよ(とは言え主人公たちが現実世界でもちゃんと美男美女だという時点でオタクに迎合してない気もするが…)。

 

f:id:yudutarou:20180711143624j:image

 

   散々仮想世界を面白楽しく描いた挙句に現実が(ある程度)大事ですと結論づける物語は説得力皆無だし、そんなメッセージや物語を全て放棄してお祭り要素だけ詰め込んでくれたら最高だったとは思うが、そんなものには制作費も投入されないだろうし、そうなると今作が見せてくれた素晴らしい映像の数々も見られなかった訳で、現時点で大作映画としてやれるギリギリの着地点でオタクを喜ばせる最大限の見せ場を用意してくれたスピルバーグはやはり偉大。

 

f:id:yudutarou:20180711150322j:image

 

    金田バイクやガンダムメカゴジラをハリウッドのリアルなCGで、しかもスピルバーグが見せてくれたというだけで感激ものだが、欲を言えばもっと溜めを使ってゆっくり見せて欲しいとは思った。特にメカゴジラは特撮的所作で動かして欲しかったよ。これじゃマイケル・ベイトランスフォーマーじゃんと思ったが、あれも一応スピルバーグ製作総指揮だから、スピルバーグのロボット観はデル・トロとは違ってやはりアメリカンなんだろうな。とは言えスピルバーグはオタクというより骨の髄までの映画好きということが『シャイニング』完コピでヒシヒシと伝わってきて、ホントにやりたかったのはこっちなんだろうな、というのも感じた。

 

f:id:yudutarou:20180711150337j:image

 

READY PLAYER ONE - Official Trailer 1 [HD] - YouTube

 

f:id:yudutarou:20180711150604j:image

ヴァレリアン 千の惑星の救世主 (2017・仏)

    西暦2740年。  プレイボーイで腕利きの連邦政府エージェント、ヴァレリアン(デイン・デハーン)は彼が恋する同僚のローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)とともに”千の惑星都市”と呼ばれるアルファ宇宙ステーションを訪れ、フィリット司令官(クライヴ・オーウェン)の命によりステーションの危機を救うべく極秘ミッションを開始する。しかしそこには権力者の陰謀や歴史から抹殺された惑星の秘密が隠されていて…。

監督、脚本:リュック・ベッソン、原作:ピエール・クリスタン、ジャン=クロード・メジエール、製作:ヴィルジニー・ベッソン=シラ、コンセプト・デザイン:パトリス・ガルシア、ベン・マウロ、マーク・シモネッティ、ジュー・フェン、シルベイン・デプレ、アラン・ブリオン、VFXスーパーバイザー:スコット・ストクダイク、VFXプロデューサー:ソフィー・ルクレール、音楽:アレクサンドル・デスプラ、撮影:ティエリー・アルボガスト、衣装:オリヴィエ・ベリオ、美術:ユーグ・ティサンディエ、編集:ジュリアン・デイ。

 

f:id:yudutarou:20180708203308j:image

 

   リュック・ベッソンがまたやってくれた(やってしまった)。資金を集めるセンスは凄いがSF的なセンスは皆無、それでもこんな大作を心配になってしまうレベルの珍品としてやり遂げてしまう姿に愛おしさを感じなくもないので、嫌な気持ちにはならなかったけど、有象無象の脇キャラクターに対する取り扱いの雑さ、マイノリティへの無自覚な思慮の欠如が甚だしいままに大きな愛を謳う幼稚さはやっぱり酷かった。

 

f:id:yudutarou:20180708203325j:image

 

   キャストの顔ぶれは豪華でカメオ出演的にハービー・ハンコック(国防長官)やルドガー・ハウアー(世界連邦大統領)が出ていたり、客引きのチンピラ(?)がイーサン・ホークだったりした。しかしメインキャラクターのクライヴ・オーウェンも含めてどの役も別にその俳優じゃなくていいんじゃないか、という程度で非常に無駄遣い感が強かった。特に不定形のエイリアン役で登場したリアーナは賑やかし以外の何物でもなく、退場のさせられ方にも唖然とさせられた。カーラ・デルヴィーニュは可愛かったけど。

 

f:id:yudutarou:20180708203443j:image

 

   あと画面に関してはバンド・デシネをCGを駆使して実写化するとクリアな色合いが薄っぺらで安っぽく出来上がる悪しき伝統が続いているけど、今作に関してもそこは踏襲している感じで、やっぱりSF映画にはセンスが重要だと改めて思い知らされた。

 

f:id:yudutarou:20180708203455j:image

 

映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』予告編|3.30全国公開 - YouTube

 

f:id:yudutarou:20180708203548j:image

 

おはなしして子ちゃん(講談社文庫) / 藤野可織

    表題作、舞台となる小学校の雰囲気や生徒の感情のリアリティが凄くて、やっぱり藤野可織凄い!となる。その他の短編も物語の形はそれぞれ全く違いつつもアイデアに溢れ、恐怖とユーモアの混在した短編になっていて、非常に楽しかった。諸星大二郎と少女マンガを足してライトノベルにしたものを圧縮したみたいな『ピエタとトランジ』も良かった。

 

f:id:yudutarou:20180706223830j:image

 

淵の王(新潮文庫) / 舞城王太郎

   分類としてはホラーみたいだし、日常に立ち現れる狂気と怪異の恐怖をちゃんと感じさせてもくれたけど、同時にキャラクターが基本的にネアカで、特に語り手の背後霊たち(?)の前向きな姿勢が陰惨な展開にも軽やかさを感じさせ、明るく楽しい娯楽作品のように楽しめる独特の感覚があって、新鮮だった。

 

f:id:yudutarou:20180706224049j:image

Beach House / 7

    一曲目(DARK SPRING)がいつもにも増してカッコよかったからどうなることかと思ったが全体としてはいつも通りのアルバムだった。もちろんいつも通りに幻想的で美しい作品なので、好き。

BEACH HOUSE -- "DARK SPRING" - YouTube

BEACH HOUSE -- "DIVE" - YouTube

f:id:yudutarou:20180705135722j:image


発売日  2018/5/11

収録楽曲

01. Dark Spring

02. Pay No Mind

03. Lemon Glow

04. L’Inconnue

05. Drunk in LA

06. Dive

07. Black Car

08. Lose Your Smile

09. Woo

10. Girl Of The Year

11. Last Ride

国府達矢 / ロックブッダ

    久々に気合いを入れて作り込まれたロックのアルバムを聴いた気がする。カッコよかった。仏(ほとけ)つながりで、ちょっと洗練されたNUM-HEAVYMETALLIC みたいな感じもした。

 

国府達矢 "薔薇" (Official Music Video) - YouTube

f:id:yudutarou:20180705130709j:image


発売日  2018/3/21

収録楽曲

01. 薔薇

02. 感電ス

03. いま

04. 祭りの準備

05. アイのしるし

06. weTunes

07. 続・黄金体験

08. 朝が湧く

09. 蓮華

10. Everybody's @ buddha nature