yudutarouログ

Twitter(ID:yudutarou)で観た映画を確認しようとしたら非常に面倒だったので、メモになるつぶやき(主に映画とか音楽)を移植。なので2014年まで時系列バラバラ。

運び屋 (2018年・米)

    家族を顧みず、デイリリー栽培の名人として仕事一筋で生きてきたアール(クリント・イーストウッド)は時代の流れで菜園を失い、元妻のメアリー(ダイアン・ウィースト)や娘のアイリス(アリソン・イーストウッド)とも疎遠で孤独な90歳の老人になっていた。そんな時、孫娘ジニー(タイッサ・ファーミガ)のパーティに顔を出したアールは出席者のひとりから車で荷物を運ぶだけの簡単な仕事を持ちかけられる。話を引き受けたアールだったが、それはコカインを街へ運ぶ麻薬カルテルの仕事だった。アールは組織のボス、ラトン(アンディ・ガルシア)の送り込んだ監視役フリオ(イグナシオ・セリッチオ)らを飄々とした魅力で懐柔しつつ順調に仕事をこなしていくが、麻薬取締官のベイツ捜査官(ブラッドリー・クーパー)らの捜査網は確実にアールに迫っていた。

監督、製作:クリント・イーストウッド、脚本:ニック・シェンク、製作:ティム・ムーア、クリスティーナ・リベラ、ジェシカ・マイヤー、ダン・フリードキン、ブラッドリー・トーマス、撮影:イブ・ベランシェ、美術:ケビン・イシオカ、編集:ジョエル・コックス、衣装:デボラ・ホッパー、音楽:アルトゥロ・サンドバル。

 

f:id:yudutarou:20190523124947j:image

 

   家族をないがしろにしてきたことへの贖罪として仕方なく運び屋をやる、みたいなストーリーかと思いきや全くそんなことはなく、飄々として軽やかな老人がやっぱり好き勝手に儲けの良い仕事に邁進するという展開や、退役軍人の頑固爺さんと思わせつつも現代的価値観にわりと柔軟に対応しちゃうチャーミングなキャラクターを嬉々として演じているなど相変わらず新鮮さを保持したクリント・イーストウッドが微笑ましく楽しかった。

 

f:id:yudutarou:20190523125008j:image


   そもそもこんな作品を演出かつ主演出来る老人なんてイーストウッド以外に居ないだろうというだけでも歴史的作品な気もしたが、その上で軽やかで楽しいのが良かった。積み重ねてきた功績の重さを徹底してまとわないのも意図的か天然かわからないが凄かった。

 

f:id:yudutarou:20190523125117j:image

 

映画『運び屋』特報【HD】2019年3月8日(金)公開 - YouTube

 

f:id:yudutarou:20190523125041j:image

 

 

ブラック・クランズマン (2018年・米)

    1970年代半ばのアメリカ・コロラド州コロラド・スプリングス。街で初めての黒人刑事となったロン(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は潜入捜査官として活躍。その中でブラックパンサー党の幹部でもあるパトリス(ローラ・ハリアー)と親密になり、人種問題に対し、より直視する日々を送っていた。そんな中、白人至上主義を掲げる秘密結社KKKへの潜入捜査を白人刑事フリップ(アダム・ドライバー)とともに開始し、ロンは幹部ウォルター(ライアン・エッゴールド)らの信頼を得て、組織のトップ、デビッド・デューク(トファー・グレイス)に辿り着く。しかし組織の構成員、フェリックス(ヤスペル・ペーコネン)は捜査に気づき始めていて…。

監督・製作・脚本:スパイク・リー、原作:ロン・ストールワース、脚本:チャーリー・ワクテル、デイビッド・ラビノウィッツ、ケヴィン・ウィルモット、製作:ジェイソン・ブラムジョーダン・ピール、撮影監督:チェイス・アーヴィン、美術:カート・ビーチ、音楽:テレンス・ブランチャード、編集:バリー・アレクサンダー・ブラウン、衣装:マーシー・ロジャーズ。

 

f:id:yudutarou:20190506231851j:image

 

   それぞれのシーンが凄く凝っていて気合い入ってるし役者も最高。『國民の創生』を引用したりでその危険性に十分留意しつつも社会的主張をそのまま娯楽にしてしまう手腕が凄くて、対立の不毛さを見せつつ徹底してレイシストの醜悪さを映し出して双方平等に見せるなどという日和見主義とは無縁の熱いメッセージも強烈。そんな中でジョン・デヴィッド・ワシントンとアダム・ドライバーの飄々とした佇まいが映画に柔らかも持たせていて、堅苦しさは全く感じさせない。政治性と娯楽をハイレベルで融合させた、スパイク・リーの本気が伝わってくる痛快な作品だった。

 

f:id:yudutarou:20190506231903j:image

 

BLACKkKLANSMAN - Official Trailer [HD] - In Theaters August 10 - YouTube

 

f:id:yudutarou:20190506232029j:image

 

Weezer / Weezer (BLACK ALBUM)

    ほぼ同時にリリースされたカヴァーアルバムがヒット曲をストレートなWeezer節で演奏するシンプルなスタイルだからこそ「らしさ」溢れる良盤だっただけに、リヴァースの何でも取り込めてしまう器用さが行き渡り過ぎて本来の魅力が薄まった本作は個人的にはちょっと残念。とはいえリリースの度に言ってるけど、Weezerは新作を出してくれるというだけで有難いことに変わりはないです。

 

Weezer - Zombie Bastards - YouTube

f:id:yudutarou:20190506221647j:image

 

発売日  2019/3/1

収録楽曲

01 Can't Knock the Hustle

02 Zombie Bastards

03 High as a Kite

04 Living in L.A.

05 Piece of Cake

06 I'm Just Being Honest

07 Too Many Thoughts In My Head

08 The Prince Who Wanted Everything

09 Byzantine

10  California Snow

Billie Eilish / When We All Fall Asleep,Where Do We Go?

   佇まいからしてとにかくカッコ良くて、醸し出すムードにぴったりのダークだけど親しみ易い音とパフォーマンスに痺れた。

 

Billie Eilish - bad guy - YouTube

f:id:yudutarou:20190506185047j:image


発売日  2019/3/29

収録楽曲

01 !!!!!!!

02 bad guy

03 xanny

04 you should see me in a crown

05 all the good girls go to hell

06 wish you were gay

07 when the party’s over

08 8

09 my strange addiction

10  bury a friend

11  ilomilo

12  listen before i go

13  i love you

14  goodbye

DOS MONOS / DOS CITY

   冒頭から『3104丁目のダンスホールレゲエ』などというリリックが出てきてひっくり返るが、そのまま最後まで濃い言葉が並ぶ。トラックも闇鍋のように色んな要素がぶち込んであって飽きさせない。そしてそれらによって独自の世界が広がっているのがとにかく面白くて、楽しいアルバムだった。

 

Dos Monos - in 20XX - YouTube 

f:id:yudutarou:20190506180336j:image


発売日

2019/3/20

1. ドストロ

2. 劇場D

3. in 20XX

4. Clean Ya Nerves

5. ドス大名

6. バッカス

7. マフィン

8. ドスゲーム

9. EPH

10. アガルタ

11. スキゾインディアン

12. 生前退位

13. ドスシティ

花澤香菜 / ココベース

   メジャーアーティストからの楽曲提供とプロデュースによる新体制でのアルバムで、曲調や全体のムードはこれまでの流れを継承しているけど、北川勝利中心でやってきたポップかつマニアックな路線と比べるとJ-POP寄りの作り。もちろん花澤さんの声が乗っていればそれだけで全然良いし、ちゃんと本人作詞曲もあって充分好きなアルバムではあるんだけど、これまでの奇跡的な足跡と比べるとどうしても物足りなさを感じてしまう。今作での新しい流れの方がより広い層に届くのかもしれないが、再びディスティネーションズと組んでくれないかなー、とは思ってしまった。あと、ブックレット、DVD凄く良いです。

 

花澤香菜 『大丈夫』(Short Ver.) - YouTube

f:id:yudutarou:20190506104344j:image

 

発売日  2019/2/20

収録楽曲

ディスク1

01 マイ・ソング

02 大丈夫

03 おとな人間

04 パン

05 Change!

06 ミトン

07 Tact

08 春に愛されるひとにわたしはなりたい

09 おしえて

10  満月の音

11  ゆうのそら

12  Ready to go

 


ディスク2 (DVD)

01 若者のすべて

02 Trace

03 Making Movie: Photo Session “ココベース”

Deerhunter / Why Hasn’t Everything Already Disappeared

   サイケデリックとポップが丁度良く融合した洗練された作りは前作同様。もちろん良いんだけど、あらゆる点が過剰で歪で最高だったDeerhunterはもう聴けないんだろうな。もちろん『What Happens to People』とかDeerhunterならではの心地よい曲は健在で、それだけでも充分ではあるんだけど。

 

Deerhunter - Death in Midsummer (Official Video) - YouTube

f:id:yudutarou:20190505104027j:image


発売日  2019/1/18

収録楽曲

1.Death in Midsummer

2.No One’s Sleeping

3.Greenpoint Gothic

4.Element

5.What Happens to People?

6.Détournement

7.Futurism

8.Tarnung

9.Plains

10.Nocturne

11.Canal Plastics no. 1 [月点灯したステー][BonusTrack for Japan]

12.Canal Plastics no. 2 [白い冬の珊瑚][BonusTrack for Japan]

13.Canal Plastics no. 3 [武満徹の記憶][BonusTrack for Japan]